« March 2019 | Main

April 2019の5件の記事

電子辞書を買い替え。

この度、電子辞書を新しくしました!
以前、こちらのblogで書いたのが、2014年・・・。
14,5年、ってところかな。よく使ったよね、うん。

英会話のレッスンに友人が通い始めました。
同じ会社にいた子(彼女はもう退職して今は別のところにいるんだけど)。
彼女とランチした後、電子辞書を見に一緒にヨド○シへ。

スマホがあるからもういらないかな?と思ってもいたし、
やはり機能特化型。電子辞書の方が便利ですわ。
まだ壊れてないので、使おうと思えば使えるんですが、盤面が・・・だし。

ヨド○シで安くて良いのがあったんですが、その日は冷やかしだけ。
色々情報収集して、「良し買うぞ」と翌週行ったらなくなってた_| ̄|○。
店員さんに聞くと「廃番品でメーカー引き上げ」との事。
密林で探したらあったので、それを買おうと思ったんですが、再度検討し結局違う型番のをポチッ。
ヨド○シにあったのは、辞書が今のより汎用ものだったんです。


シャープ カラー電子辞書 Brain  2018年春モデル PW-SH5-B 17,877円

今まで使っていたのとほぼ同じ辞書が搭載されております。
和英・英和・英英に「カタカナで引ける英語辞書」も。
高校生用の辞書なので、「英検」とか参考書的機能もあるんです。
でも今までのが「白黒」で、今回が「カラー」。時代の流れってすごいわ~。

徐々に色々いじりつつ使いこなしていきたいと思います。

| | Comments (3)

墓守は意外とやることが多い  やとぎ

アレンティス=アインベルク、17歳──職業『墓守』

墓守は意外とやることが多い  やとぎ


読了です。

アインベルク家は代々ローエンベルク国営墓地の管理を任されている男爵家であり、現当主のアレンは、墓守として毎晩国営墓地の見回りを行っていた。
ここローエンベルク国営墓地では、夜な夜なアンデッドが自然発生し、それを駆逐するのが彼の日課であった。
そんなある日、いつものように見回りをしていたアレンの前に吸血鬼の男女が現れる……。墓守によるアンデッド無双開幕!

**********************************
こちらはKindle Unlimited 期間中に読んだものです。1巻は無料だったので。
ライトノベルのタイトルって面白いです。
タイトルで大体内容が想像できて、読み始めるとサクサク読めるのでついつい先へ先へ、とページを繰ってしまう。
読み終わった後、どうということもないんですがね~、ほんと不思議。

ジャケ買いする人もいるのかな? 書店でジャケだけ見たら手を出さないかもしれませんが(;^^)、
「なろう」サイトではこのジャケもわからないし、すべての作品が同じスタイルなので、
サクサク、っとチェック&読んじゃうんですよね。前にも似たような事書いたな、うん。
こういう作品の形容詞「俺TUEEEE」(俺強え~:勘違いであり厨二)がある、ってびっくりしましたよ。

こちらはタイトルどおり「墓守」を仕事とする男爵家の当主のお話。
若干17歳にして強いしハンサム、「ちょうつよいおとこのこ、まぁすごい」って感じ(;^^)。
毎晩一人でお墓を見回って、発生するアンデッドを退治。
そんな彼にお約束の美女達が登場したり、「たかが男爵」と馬鹿にする騎士らの前で無双ぶりを見せつけたり(で、感銘した彼らは弟子入りする、と)。

1巻は、徐々にハーレムが形成され、ダンジョン潜って・・・位で終わったかな?
内容に若干の違いはあるかもしれませんが、「なろう」で全部読めます。う~ん、読むかな?(;^^)。
少なくとも、kindleで読んだ後「次が知りたい!」とは思わんかったので、まぁそんな感じです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1)

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう5 山本功次

無職のニート女子。無収入。亡き祖母から引き継いだ古い2階建て家屋のみ。

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう5 山本功次



読了です。

海産物問屋・三崎屋に賊が侵入、南町奉行所の伝三郎たちによる包囲も虚しく、金の仏像をまんまと盗まれてしまう。
伝三郎はなんだかんだと難事件を解決に導いてしまう八丁堀の長屋に住むおゆうに、事件解決の糸口がないかを相談する。
おゆうは、現代から科学分析オタクの宇田川を江戸に呼び寄せ、ドローンなど最新技術の力で捜査を開始。
どうやら事件の背景には将軍家斉の側近・林肥後守の存在が……。
********************************

前作からもう1年かぁ~。早すぎます、時が経つのが・・・。
こちらは、現代の東京と江戸がつながっている設定のお話。
無職のニート女子が、東京と江戸を行ったり来たりして、江戸で起きる事件を解決していくお話。

お金はないけど、人脈の有るおゆう。科学分析オタクの宇田川氏は変人だけど高給取り。彼を巻き込んで江戸にない手法・技法を駆使していくのは結構面白いんですよね。今回は一体何をやらかす気だ?!ってワクワクします。
ま、おゆうがタダでやってもらっている各種検査代に絡んでトラブルとかも起きるんですけどね(;^^)。

今回のお題はこちら。
ALSライト(科学捜査用のブラックライト)に ドローン(無人航空機) 暗視スコープ(夜間視界確保用装置) 閃光音響手榴弾(非殺傷弾)・・・。
何より、今までおゆうしか訪れてなかった「江戸」に、宇田川氏も同行する事に。
そのせいか、かなり彼の趣味色が強いものをチョイス。
しかも、おゆうが「良いな」と思ってる南町奉行所の伝三郎とも顔をあわせる事に。
伝三郎の恋のライバルになるのか?宇田川氏!という一方、おゆうの恋のライバルも登場したり・・・。
最後には、「お礼」と宇田川氏の部屋を掃除したり、料理を作ったりとおゆうの家庭的な面が描かれたりしており、
次回作では多少は2人の関係も進んで良いのでは?と思った次第であります。

気づけば5作目。とりあえず1冊読んでみて頂ければ。時代劇設定ですが文章は読みやすいですよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

御子柴くんと遠距離バディ 若竹七海

どうしても新しいblog管理画面に慣れず、放置気味(;^^)。
記事を書いてない→時間がある はずなのに・・・。

さて、今日はこちらをUP。

どうやら私には、自分の生み出したキャラクターを千尋の谷に突き落とす癖があるらしい・・・。

御子柴くんと遠距離バディ 若竹七海


読了です。

長野県警から警視庁へ出向中の御子柴刑事。
すっかり東京のペースにも慣れ、刑事としても中堅どころになり、わりあい平穏な日々を送っていた。
だが、その油断がたたったのか、年末押し迫ってから行く先々で事件にぶちあたり、さらには?!

1.御子柴くんの災難
高所からの転落・低体温症・右腕の開放骨折・腹部に刺傷
2.杏の里に来た男
キノコ盗難・千曲川署新設の地域生活安全情報センター長
3.火の国から来た男
モンペ母子・2億円詐欺・40代大男の外反母趾・
4.御子柴くんと春の訪れ
空き巣被害・狩猟関係者・女の子の像
5.被害者を捜しにきた男
白骨発見・ハニトラ・爆破予告からの失踪・血液クレンジング
6.遠距離バディ
小林は小林・カフェ店長ネクタイ・長野2の目的・穴の埋戻し

*****************************
前作から2年ぶりの続編です。
警視庁に出向し3年が経過した御子柴くん。仕事(じゃないお菓子無心)の無茶振りにも慣れ、さばく様は中堅ドコロ。
ところがそんな彼に、よりにもよって大晦日、警視庁の警察官に襲われ、脇腹を刺され、争ったはずみに4Fの渡り廊下から地面へと転落する羽目に。
全身8箇所の骨折で半年の入院、となったのです。

冒頭の「千尋の谷に突き落とす」作者さんの声、うん、まさにそう。
作者の「若竹七海」先生。私が好きなのは「葉村晶シリーズ」なんですが、このシリーズの葉村、もたいがいひどい目にあってる(;^^)。
今回の御子柴くんもすごかったです、はい。
退院後、地元に帰った彼に与えられたポストは「新設の地域生活安全情報センター長」閑職風ピュ~、なトコ。
周囲の方の思惑と自身の気持ちがなかなかあわなくて、空回り気味に走り回ることに。

一方、東京では、残されたバディ(相棒)に悲劇がおそう。御子柴くんの後任で来た男が仕事をしないのだ。
携帯ゲームにうつつを抜かし、定時で退社、そのしわ寄せがおそいかかる・・・。

いやいや、シリーズ2作目になるとなんとなくキャラの特徴がはっきりしてきて、安定感が出てきましたね。
過去作で出ていた小林さんは定年退職してあっさりとのんびりエンジョイライフに入っちゃうけど、代わりのバディはいるしね。
御子柴くんとは微妙に話がずれているような、でもそのずれで事件解決してるし。

うん、面白かったよ~(^o^)。
長野と東京でどうやって事件がつながっていくのか、とかドキドキしちゃいましたが、そこを楽しんで頂けるとgood。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おそるべし、メンテナンス 2

こんにちは。お久しぶりです。
どうも、当blog「ココログ」の不具合は継続中のようで。
予約投稿して反映されているものといないものがあったり、
写真画像のUPができなかったり、リンク先をクリックしても思った場所へ飛ばなかったり・・・。
更新がうまくいってないようです。

色々騙しつつ、サイトの不具合報告を確認したりしながら記事を書くのって結構ストレス。
ついPCを開かずにいる日が増え、皆様の元へ訪問もせずすみませんでした。

しばらくはゆっくりいじりつつ記事をあげていこうと思うので、
戻るまで、しばしお時間を下さいませ。





| | Comments (3)

« March 2019 | Main