« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第2部 香月美夜 | Main | 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第4部 香月美夜 »

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3部 香月美夜

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3部
領主の養女1~5巻 香月美夜


読了です。

兵士の娘(平民)→巫女見習い(準貴族)、ときて今日は「→上級貴族の養女(貴族)→領主の養女」です。
順調に下剋上してますよ~(^o^)。

というのも、第2部の最後、で領主の養女となることが決まりました。
その為、上級貴族の家の子供として洗礼式を行い、そこから領主一族の養女となります。
下町時代に既に洗礼式を行ってますが、体内の魔力のせいで、成長が遅かった為、「1年サバ読んで」貴族として洗礼式を再度行うこととなります。

それと同時に「神殿長」就任決定。神殿内の改革と領主一族としての生活が始まります。
と言っても「商人気質」の彼女。神殿に入る前に「マイン商会」というのを作っていたので、
「製紙業」と「印刷業」、並びに「井戸ポンプ」「揺れの少ない馬車」「スプリングベッド」等々・・・。 色々やらかしております。

「第2部」の最後で「彼女の魔力と知識はこの領地に必要」との判断から領主一族の養女となったのですが、なったらなったで領地内の色々な問題に巻き込まれます。

上に立つ人に歪んだ人がいると色々大変な事になる、とか
貴族内の派閥について、とか
貴族内の社交について、とか。
現世から異世界に転生し、平民で育ち、貴族となったマインの常識がおかしい、と言うのは昨日の記事でも書いてますが、そのせいか
「なぜ、そうなる?!」と叫びたくなる事ばかり。
また「斜め上の回答」が面白くってね~、大変なんだけどついニヤニヤしちゃいます。

ただそれらのせいで、彼女の身に危険も。
まさか、の事態に陥ったりします。「感情を見せないのが貴族」の中で苦労しつついつも一生懸命なマイン。彼女の「貴族らしからぬ」言動は周りを振り回す一方、周囲に良い影響を与えてもいきます。

またこの異世界にある「魔力」というものも、イメージで具現化可能。
魔力を持つ貴族が所有する「乗り物」も、彼女にかかれば「身体弱いから風にあたらず、スカートだから」とネコバスならぬ「レッサーパンダバス」ができあがる(^o^)。
しかも「伸縮自由」。普段は一人乗り、荷物や人を乗せるときはマイクロバスタイプに。
乗り心地も最高で、シートベルトもついている・・・。
これは本中にイラストが入ってますので、ぜひページをめくってほしい。
(第3部の1巻目、最後の方)

と、次へ次へと読んで気づくと5冊読了しています。
第1部1巻からここまでで12冊ですよ?皆さん。
ここまで読んでくると、もう中毒化しているかと思われます(^o^)が、いかがでしょう?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第2部 香月美夜 | Main | 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第4部 香月美夜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。かなり続くのですね。

Posted by: オサムシ | December 20, 2018 at 06:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/67487859

Listed below are links to weblogs that reference 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3部 香月美夜:

« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第2部 香月美夜 | Main | 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第4部 香月美夜 »