« 暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流 | Main | 星をつなぐ手 桜風堂ものがたり2 村山 早紀 »

ゆきうさぎのお品書き6 あじさい揚げと金平糖 小湊 悠貴

半年ぶりのご紹介。
未来に向けて一歩を踏み出す、二人の関係はどうなる??

ゆきうさぎのお品書き6 あじさい揚げと金平糖 小湊 悠貴


読了です。

大樹の前に、母方の叔父である零一が十数年ぶりに現れた。
零一は、若いころに実家を飛び出し、ほとんど音信不通が続いていた人物。

彼は、自分の母親が亡くなったことを知り、 遺産の遺留分を受け取る権利を主張するためにやって来たのだ。
大樹の手元にそんな大金があるはずもなく、遺留分を支払うには、 土地と建物――つまり「ゆきうさぎ」を売却しなければならない。

途方に暮れる大樹をよそに、零一は連日のように店に来て食事をしていく。 零一の思惑と、目的とは一体……? 一方、碧は教育実習がはじまり、「ゆきうさぎ」でのアルバイトをセーブする時期に・・・。

*******************************
前作の最後で、「大樹?」と呼ぶ声が聞こえます。
ここ、うまいのよね。
小説だとそれが男性の声なのか、女性の声なのか分からないじゃないですか。

最初は男性の声、と思ってたんだけど、後でいや、女性か?しかも若い女性=元カノか?とか、色々考えちゃって気になってしょうがないです。

はい、「男性」でした(^o^)。

叔父さんだったとは。しかも音信不通状態の。しかも「遺産狙い」とは・・・。
まぁその事情が明らかになるにつれ、「気持ちは分かるけど・・」と共感に変わり、「う~ん、でも」と思うようになり・・・。お話のまとまり方は良かったかな。

大学生の碧。亡くなった母と同じ職業、教師を目指して頑張ってますが、そのせいでバイトのシフトも減らさなければならず。
足りなくなった手をどうするか? で解決策が提示され、なんとか落ち着く事に。

大樹と碧の間も一歩前進し、更に元バイトのミケと大樹の幼馴染、蓮との関係も気になる。
みんな幸せになると良いね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流 | Main | 星をつなぐ手 桜風堂ものがたり2 村山 早紀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

遺産問題は面倒ですね。金平糖って文字もおいしいそうに見えてしまいます。

Posted by: セイレーン | November 15, 2018 at 12:29 AM

おはようございます。こちらもシリーズ化しているのですね。

Posted by: オサムシ | November 14, 2018 at 06:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/67367663

Listed below are links to weblogs that reference ゆきうさぎのお品書き6 あじさい揚げと金平糖 小湊 悠貴:

« 暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流 | Main | 星をつなぐ手 桜風堂ものがたり2 村山 早紀 »