« C.S.T. 情報通信保安庁警備部 十三湊 | Main | 暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流 »

火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 汀こるもの

2018年5月。朝日新聞で紹介されており、「おっ!これは楽しみ」と手に取った作品。

火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 汀こるもの

 
読了です。

パソコン教室の講師として平凡な人生を送っているぼく。だけど、ある日生徒から持ちかけられた相談により、ネットに潜むトラブルの渦に巻き込まれることになる。
不用意なブログの書き込みを発端とした32万アクセスの大炎上案件解決のためにぼくが頼ったのは、インターネットよろず相談所「さらまんどら」。
火の中で生きる竜「サラマンドラ」を自称する彼らは、自ら炎上に飛び込んでトラブルを解決するという。所長のオメガに仲間に引き入れられたぼくは、このトラブルの「非常識な解決」を目の当たりにする・・・。

***************************
前述のように、新聞内の書評欄でみかけたんですよね。
これは面白そう、と思ったんですが、予約がね~待ったね~。

設定は分かる、先日の「C.S.T」のようなサイバー世界を舞台とした作品。
といっても、こちらは現代の日本を舞台にしており、ネットワークシステムは特殊な発達は遂げてません。

単純に「炎上」の後始末をする相談所に関わっちゃった平々凡々の「ぼく」の苦労話&ぼくの問題、についての作品だと思う。
え~と、「ぼく」でしょ、相談所所長のオメガ(車椅子・性格破綻者)、男子と女子、引きこもり1人に後他に誰かいたっけ?
「思う」と言うのは、いかんせん「記憶にない~;^^)」。

この相談所所長のオメガがね、まぁ口が悪いのさ、それを文で書かれると、読み続けるのが結構辛いわ~。
結局90%が何言ってるのか理解できない、って辛いよね?ねぇ。

オメガの抱えているもの、「ぼく」の抱えているもの、など登場人物の背景も色々登場しますが、カットのぶつ切り感が半端なくて。

いやいやほんと、疲れました・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« C.S.T. 情報通信保安庁警備部 十三湊 | Main | 暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ここで しゃべりが理解できない!と聞いて(?)いたので、なんとかついていきましたが、この作者のファンの方はついていっているのですよねー(^o^;)

Posted by: セイレーン | November 29, 2018 at 11:24 PM

図書館予約できました。ひととおりの予約が終わったようで、あまり待たないみたいです(^^)

Posted by: セイレーン | November 12, 2018 at 11:37 PM

内容的に面白そうですね
アメリカドラマのCSIサイバーみたいな感じでですかね?
でも炎上を鎮めるだけなら違うのか?

Posted by: モリゾ | November 12, 2018 at 10:43 PM

おはようございます。疲れてしまう作品はちょっとですね。

Posted by: オサムシ | November 12, 2018 at 06:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/67347457

Listed below are links to weblogs that reference 火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 汀こるもの:

« C.S.T. 情報通信保安庁警備部 十三湊 | Main | 暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流 »