« 火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 汀こるもの | Main | ゆきうさぎのお品書き6 あじさい揚げと金平糖 小湊 悠貴 »

暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流

大好きな作家さんの新シリーズ開幕!
暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流

読了です。

普通だけれど、何かが奇妙 カレーに隠し味があるように、この店には秘密がある――。
両親を失い路頭に迷い、お腹を空かせた十五歳の少年が拾われたのは、サービス担当の秋月と料理担当の山蔭、たった二人の従業員で回すモダンな洋食店「しのびパーラー」。
なかなかの繁盛ぶりを見せるこの店が、兎目と名づけられた少年の新たな家であり職場となるのだが…。
オーナーと呼ぶには雰囲気が異質すぎる若様に、昨日はなかった秋月の傷。 お互い身元は詮索しないとしながら、見てしまった違和感の正体とは!?

******************************
関東大震災後の東京。雨に打たれ歩く少年・・・。重苦しい始まりだったのが、出会った青年(秋月)とのやりとり。
途方にくれていた少年にパンを上げた秋月。ちょっと酸味のあるそのパンはおいしくて、秋月は「味のわかる少年」に興味を持って、家無しの彼に宿を提供する事に。

洋食店を二人で切り盛りしてた、山蔭と秋月、彼らの秘密は
この少年、兎目くんにも何やら秘密がありそうで・・・。残念ながらその秘密は次巻へ、となってしまいましたが、洋食店のオーナーの「若様」もそれに気づいたようで。

洋食店の制服を作るのに連れて行かれたテーラー。
そっか、採寸するのもテクがいるんだね(;^^)。
腕を上げたり、曲げたり、と採寸しやすいように体を動かすというか、ねぇ。
なにせオーダーメイド、作ったことないもんで。

こういう色々なエピソード、やっぱりこの作家さんらしい(^o^)。
おいしいものがたくさん出てくるしね~。
作者さんのtwitterをフォローしてるんですが、当時の料理とか再現しようとしてたり、文献読んで味を特定しようとされてたり。
併せて読むと面白いです。

次が待ち遠しい作品です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 汀こるもの | Main | ゆきうさぎのお品書き6 あじさい揚げと金平糖 小湊 悠貴 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

オーダーメイドはベトナム旅行でやってみましたが、気分だけで既製品のほうが合うみたいでした。ベトナムの洋服は体にぴったり作るそうなので(^o^;)

Posted by: セイレーン | November 13, 2018 at 11:22 PM

おはようございます。おいしいカレー食べたくなりました。

Posted by: オサムシ | November 13, 2018 at 06:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/67367464

Listed below are links to weblogs that reference 暁町三丁目、しのびパーラーで 椹野道流:

« 火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 汀こるもの | Main | ゆきうさぎのお品書き6 あじさい揚げと金平糖 小湊 悠貴 »