« 物の怪斬り 溝猫長屋祠之怪 和輪渡颯介 | Main | 銀塩写真探偵 一九八五年の光 ほしお さなえ »

幻想古書店で珈琲を6 それぞれの逡巡 蒼月海里

本の街・神保町にある不思議な古書店『止まり木』。普段は店主・亜門の笑顔と美味しい珈琲で穏やかな時間を過ごせる店。

幻想古書店で珈琲を6 それぞれの逡巡 蒼月海里



読了です。

1.物語を届けたい相手は? 幕間:トルココーヒー
2.書くきっかけ 幕間:珈琲豆の木
3.仲良くなりたかった

*****************************
こちらも気づけば6冊目。前作からわずか半年での紹介になります。
1冊が薄いのはこの作者さんの特徴ですが、他のシリーズも出しているので仕事量は多いんだと思います。

前作では「アスモデウス」ってすごい悪魔が登場してますが、今作はこちらが新登場。
メジェド

古代エジプト神話に登場するお方。
正体は”謎”なんだそうな。
そんな方と飲むのがこちら イブリック(トルココーヒー)


珈琲は特にこだわりがないので、自分がおいしいと思えば安いレギュラー珈琲でも十分。高いマメに固執しません。
量を飲みたいので、デミタスサイズじゃ満足できないんですよね。

この本を読んでいると神田に行きたくなります。
ってか、神田の珈琲屋さんめぐりしたくなる(^o^)。
今回紹介されていたお店はこちら

ミロンガ・ヌオーバ 所在地: 〒101-0051 東京都千代田区 神田神保町1−3

機会があったらぜひ。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 物の怪斬り 溝猫長屋祠之怪 和輪渡颯介 | Main | 銀塩写真探偵 一九八五年の光 ほしお さなえ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ミロンガ・ヌオーバ ググってしまいました(^^)

Posted by: セイレーン | October 04, 2018 at 11:53 PM

わたしもコーヒーこだわり無い派です
周りの人にはこだわり持ってる方多いのですが
私、セブンイレブンのコーヒーが一番美味いと思っている人なので・・・

Posted by: モリゾ | October 04, 2018 at 10:52 PM

おはようございます。こちらもシリーズ化しているのですね。

Posted by: オサムシ | October 04, 2018 at 06:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66862541

Listed below are links to weblogs that reference 幻想古書店で珈琲を6 それぞれの逡巡 蒼月海里:

« 物の怪斬り 溝猫長屋祠之怪 和輪渡颯介 | Main | 銀塩写真探偵 一九八五年の光 ほしお さなえ »