« 死香探偵 喜多喜久 | Main | はじめまして、本棚荘 紺野キリフキ »

名探偵だって恋をする アンソロジー

名探偵だって恋をする アンソロジー 

読了です。

小学生ながらもバリバリの“理系女子”理緒が遭遇した謎と、ちいさな恋(「浮遊惑星ホームバウンド」伊与原新)
骨董店を営む兄と検死官の弟が、ある“遺品”の謎を解く(「ローウェル骨董店の事件簿 秘密の小箱」椹野道流)
事故で演奏できなくなったチェリストは、時空を超えたある場所で、天上の音を演奏する少年と出会う(「空蜘蛛」宮内悠介)など、新鋭作家たちが描く謎とキャラクターの饗宴!!

********************************
今作は、椹野道流先生の作品が収録されている、とのことで読んでみました。
以前紹介した「ローウェル骨董店の事件簿」の番外編です。
上記の他、森晶麿「花酔いロジック」、古野まほろ「消えたロザリオ 聖アリスガワ女学校の事件簿1」の計5篇が収録されています。

「新鋭作家」と書かれてますが、椹野道流先生、新鋭じゃないでっせ。
1996年デビューだもん。「新鋭」って「その分野に新しく現れてきて、勢いが鋭い人」って事でしょ? 新しく、はないよね・・・。

他の作家さんは「伊与原 新,椹野 道流,古野 まほろ,森 晶麿,宮内 悠介」と確かに新鋭かもしれませんが(あ、私が知らないだけ?)

椹野道流先生の作品は安定感あります(^o^)。
骨董店を営む兄と検死官の弟、刑事の幼馴染に、親友の忘れ形見の少年。彼らに持ち込まれたものは日本の「仕組み箱」。からくり箱とも言いますが、仕組みがわからないと開けられない箱に何かが入っている。それを開けたのは、「忘れ形見の少年」。
中から出てきたのはちょっと悲しいエピソード。

それ以外だと「空蜘蛛」は不思議なお話。
夢か現実か、夢の中に居続けたい、でも・・・という葛藤は面白かったですね。
それと「消えたロザリオ」かな。シリーズのアナザーストーリーなのかな?登場人物がややわかりにくかったのですが、謎解きなど展開はオーソドックスで嫌いじゃない。

アンソロジーって作家さんの新規開拓を期待して手に取るんですが、これはそうでもなかったかな(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 死香探偵 喜多喜久 | Main | はじめまして、本棚荘 紺野キリフキ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。番外編なのですね。

Posted by: オサムシ | August 14, 2018 at 06:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/67046389

Listed below are links to weblogs that reference 名探偵だって恋をする アンソロジー:

« 死香探偵 喜多喜久 | Main | はじめまして、本棚荘 紺野キリフキ »