« July 2018 | Main | October 2018 »

18 posts from August 2018

申し訳ない 継続中

今週は(○も)一週間お休みします。

と言うのも、読み始めた本がめちゃくちゃ面白くって&長くって、
すべての余時間を読書にあててます。
で、それが「未だ終わりません」・・・。

最初はね、図書館に並んでいる本3冊を借りてきたんです。
これが思いの外面白くて、次の第2部4冊を借りてきた。
で、更に次の第3部4冊(本当は5冊だけど5冊目は貸出中)。

この時点ですでに11冊・・・。しかも残り第3部の5冊目と
第4部の3冊は貸出中で手元に来るまでに時間がかかる・・・。
あ、一覧にするとこんな感じ。

4.1 第一部 兵士の娘 (3冊)
4.2 第二部 神殿の巫女見習い (4冊)
4.3 第三部 領主の養女 (5冊) ←本で4冊目まで読了)
4.4 第四部 貴族院の自称図書委員 (3冊:既刊済)
4.5 第五部 女神の化身

勢いに乗っちゃったもので、次が読みたくて読みたくての久方ぶりの熱中ぶり。
色々調べてみたら「web小説」で連載されてた作品で、現在もそちらで読める、と。

どうせ最後まで本では刊行されてないし、刊行されたら本で読み直せば良いし。
借りていた本11冊分の読了後からはweb小説に切り替えて読み始めました。
ちなみにweb小説では全677回あって、8月26日夜の時点で413まで読了。
第4部がもうそろそろ終わる頃ですかね、多分。

まだまだ先が長いけど気になっちゃってて、終わらせるまでは何もできないな、と言う状態な為、今週はこちらを読む為お休みさせて頂きます。
多分1週間あれば読み終わると思います(多分、多分ね;^^)。

申し訳ありません。暑い日が続きますが、皆様お体ご自愛下さい。

↑と書いたのが1週間前。実は未だ読み終わりません・・・。
うぎゃぁ~、と思いつつすっかり&どっぷり浸っております。
実はweb小説の方では「完結」したんですが、「外伝」とか「SS(ショートストーリー)」が意外とUPされていて・・・しかも実はそれらは終わってなかった、という。
未だUPされておりました。

ということですいません、もう1週間(*- -)(*_ _)ペコリ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン13 

古書店を営む四世代の大家族が活躍する、人気の「東京バンドワゴンシリーズ」、待望の第13弾!

ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン 2018/4/26 小路 幸也

読了です。

花陽の医大受験を目前に控え、春を待つ堀田家。古書店“東京バンドワゴン”の常連・藤島さんの父親が亡くなって、書家だった父親のために記念館を設立するという。すると古書をきっかけに思いがけないご縁がつながって…。

*************************************
2013年2月初紹介ですから、いやぁもう5年、かぁ。
当時、一気に読んじゃったので、その後は新作が出るとポツポツと読んでますが、2016年11月にシリーズ11を紹介してます。
あ、あれ?12読んでなかった?私??

まぁ12は番外編だそうなので、大勢に影響はないか。
そのうち、読んでみようと思います。
こちらの13は本筋の方。

このシリーズ、作中の語り手はサチさん。花陽のおばあちゃんになります。
7年前になくなったのですが、いまだ堀田家周辺をうろうろしております(;^^)。
サチさんの旦那さんが大黒柱の勘一(84歳)。
今どきの80歳、そりゃ若い方多いですよ。こちらの勘一さんもかなり若い。
84歳になっても変わらず古書店「東京バンドワゴン」で店番をしております。

読み始めた頃はあんなに小さかった子供らが、大学生ですよ!
というか今となっては複雑すぎる家庭環境さえも忘れてました。
シングルマザーの花陽の母藍子は今は外国人のマードックさんと結婚しているし、
花陽と母違いの姉、すずみさんは藍子の弟青と結婚してたり、
すずみさんと青の子供鈴花は、長男紺の二人目の子供かんなと同い年なんだけど、一人目の研人とは12歳も離れてたり(花陽と研人は2歳違い)・・・。

堀田家一家だけでもこれだけ複雑なのに、更に周辺の人までいろいろ関係ができたりなんだり、で詳しく知りたい方は「東京バンドワゴン 相関図」でぐぐってね。
13作まで来ると、ここまで絡み合うものかぁ。

今回も色々問題は起こりますが、「堀田家が何とかしてくれる」と絶大な信頼がよせられ、確かに何とかなっちゃうんですよね。
しかし、これだけ色々ある一家ってのも今や希少価値ですよね。

今から読み始めるのは大変かもしれませんが、文庫化もされてますので、のんびりゆっくり読んで楽しんでみて下さい。
「下町の頑固親父と大家族」って懐かしいですよね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

地底アパートシリーズ2&3 蒼月海里

地底アパートの迷惑な来客   地底アパートのアンドロイドは巨大ロボットの夢を見るか 蒼月海里



読了です。

「2」妹の訪問にあわてる一葉だが、さらに困ったことが。 掘り進めた地層年代の生物が現れる地下に、超危険人物が忍び込んでいた!  

「3」一葉の大学の留学生・笑顔きらめく超好青年エクサ。馬鐘荘にやってきた彼は、実はマキシと同じく、未来から来たアンドロイドだった。兵器を搭載している彼の目的とは?

*****************************

「人間の業によってこのアパートは地下が深くなっていく」というハチャメチャな設定の「地底アパート入居者募集中」シリーズ。
2018年8月現在、3巻まで刊行されています。

2巻では、このアパートを探してきた妹がご機嫌伺いにやってきます。
「2F」だと思っていたのが、まさか「B2F」だったとは・・・って感じですが、
地下に住む、って私は無理だなぁ、としみじみ。
窓がない(あるけど外見えない)、ってちょっと閉所&暗所恐怖症気味の私にはしんどい。

大家さんは悪魔「メフィスト」。メフィストといえばファウスト、ゲーテの戯曲「ファウスト」をベースにした設定だけに、2巻では「ファウスト」が登場。
人間のはずなのに、メフィストと長くつきあいすぎたせいか、変な人になってる(;^^)。
メフィストを振り回して勝手をする彼のせいで、大パニックに!
「終わりよければ・・・」な展開ですので安心して読めましたけどね。

ちなみに幕間に短編が収録されていて、「マンドラゴラ」登場。

FF(ファイナル・ファンタジー)にも登場してますが、本当はもっと怖いのよ。
それを庭で栽培しているメフィストさん。いやいや・・・。
(引き抜くと悲鳴をあげて、まともに聞くと発狂するという伝説有)

そして3巻では、アンドロイドが登場。実はすでにこのアパート、マキシというアンドロイドがいます。感情のない彼と違い、感情豊かなアンドロイド、エクサです。
マキシに比べより人間に近い彼なんだけど、なんかうさんくさく、やはり大騒動を・・・。

このシリーズは他のに比べてかなりさっくりと読めちゃいます。
そのせいかな、それほど夢中になってないです。
次が出れば読むけれど、「出た!図書館予約だ!読むぞ!」とはならないんですよね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

地底アパート入居者募集中! 蒼月 海里

地底アパート入居者募集中!  2016/7/5 蒼月 海里

読了です。

ネットゲームばかりしているために家から追い出された大学生、葛城一葉。妹が手配してくれた賃貸アパート「馬鐘荘」に赴くと、そこには平屋建ての雑貨店が。
なんと、一葉の部屋は、地下二階。そこに住む人の業によってどんどん深くなる異次元地底アパートだった。
大家は怪しい自称悪魔、隣人はイケメンアンドロイドと女装男子。一葉の新生活はいったいどうなる!?笑いと感動の、奇想天外ほのぼのコメディストーリー!

*****************************************
こちらの作家「蒼月 海里」さんは、最近結構読んで&紹介している方。
幻想古書店で珈琲を」「幽落町おばけ駄菓子屋」「華舞鬼町おばけ写真館」などなど。
1冊は薄いんですが、結構読み応えがある文章を書く方です。
最初は「う~ん、この薄さで1冊か」と思ってたんですが、読んでみると結構お腹いっぱいになる(^o^)。

今作はある程度こちらの作家さんの本読みも落ち着いたので、残っているのを片付けようと借りてみました。
若干タイトルに不安感があったので、残しておいたんだけどね。

さて大学生になった一葉くん。自活しなさい、と実家を追い出され、妹が手配したアパートに。
池袋にあるのに家賃は格安。手荷物だけで向かってみると・・・
毎回思うのですが、つかみはうまいですね~。
設定とか展開、結構好きな方です。

「大家さんが自称悪魔」だとか「アパートが地下にある」だとか、とっかかりが不思議で更にそこからどうやって話を展開していくんだろう?って。
しかも「地下深層へ行けば行くほど時代がさかのぼっていくんですよ。
ジュラ紀、とか白亜紀とか・・・。
住んでいる人もかなり強烈な個性の持ち主。

一葉と楽しい仲間たち、の物語、楽しませていただきました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

婚約迷走中 パンとスープとネコ日和 群ようこ

いつでも婚約破棄する準備あり・・・。
パンとスープとネコ日和、とうとう第4弾

婚約迷走中 パンとスープとネコ日和 群ようこ

読了です。

滋味深いスープと美味しいサンドイッチのお店を、マイペースで営むアキコと相棒のしまちゃん。仕事熱心なしまちゃんだが、婚約者・シオちゃんには、つれない態度で…。

***********************************
パンとスープとネコ日和」シリーズ第4弾です。
スープ屋さん開業時の「ミラクル転身」にはちょっと「ぐぐぅ」となった、と書いてますが、それ以外の普通の日常を描いた部分は読んでいるとほこほこしてきます。

今回は、スープ屋さんで働いているしまちゃん編。
婚約者のシオちゃんとの仲も深まり・・・というお話ですが、このしまちゃんがね~、
自身の家族からは「お前なんか」と言われちゃってて自己評価が低いんですよね。
一方のシオちゃんの家庭と事情が違うからしょうがないんでしょうが、だからシオちゃんの気持ちが今ひとつ信じられない。

だから「いつでも婚約破棄する準備はありますよ」なんて言っちゃう。
自分で「最悪のパターン」を想像して覚悟しちゃってるんですよね。
なんか十数年前の自分を見ているかのよう、です(;^^)。

そしてスープ屋のアキコ。こっちは今の自分かなぁ。
ある程度の歳に達すると訪れるという、達観している感じがなんかね。
それと相棒のネコとの関係とかも。

いつもの「向かいの喫茶店のママ」さんも御健在。
以前やめたバイトちゃんが出戻ってきたのですが、ん~こっちはちょっと新人類過ぎて(;^^)。 数十年前の自分にこういう処があったらまた何か違ってきたかも?位の感じですね。

読んでいると「これ群さんのエッセイ(=実話)なのでは?」と思ってきちゃう普通の作品です。その普通さが好きなんですけどね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店2&3 行田 尚希

玉響通りにある綾櫛横丁を知っているだろうか。
木製の塀が両脇を囲み、足元は整然と敷き詰められた石畳の道。
ちょっとでこぼこしたその道を奥へと進むと、やがて木戸が見えてくる。
いつものようにその木戸を開けると、時代がかったような古めかしい二階建ての木造建築がある・・・。

路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店2&3 行田 尚希


読了です。

<2> 鎌鼬(かまいたち)の話/ 座敷童の話/ぬらりひょんの話/ 人間の話
<3>音痴なのにミュージシャンををめざす〈鵺(ぬえ)〉、弁護士として働く〈天邪鬼〉、そして〈雪女〉の蓮華。

************************************
ジャンクフード(ハンバーガー)好きの環さん。洸之介くんは表具師の見習い代として期間限定ものを献上しています。
2巻冒頭では、お花見に。せっかくの花見弁当がハンバーガーで台無しにされては、と一計を案じたり。

2巻で出てくる妖怪は「鎌鼬(かまいたち)」とか「座敷童」とか。3巻の「鵺(ぬえ)」なんか、高校生やっているんですよね。んでデビューすべく50年も頑張ってる(;^^)。
環さんなんか500年ですよ。なのに見た目は25歳。
あやかし、ってのはこういうところが面白い。

洸之介くんは2巻で高校3年生になりました。
3巻はそこから半年。環さんと出会ってから1年半、ってところから始まります。

進路を考えないと、というところですが、実は彼、めちゃ堅実な将来を計画しています。

父親が破天荒な画家さんだったので、母一人が苦労している姿を見ており・・・。
彼の学力で入学が可能で、自宅から通えて、学費もそれほど高くないところ。レベルの高い名門大学ではないけれど就職率もそこそこ、って大学ですね。

ところが、環さんと出会い、表具について学び、いろいろな経験を積んで良い社会勉強をしている洸之介。彼はどの道を選ぶのか??

結構面白い本でした。あやかし、古いもの(表具)、若者の青春模様、といろいろ詰まってますので、お好きな角度から楽しんでみて下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 行田 尚希

表具(ひょうぐ)とは
布や紙などを張ることによって仕立てられた巻物、掛軸、屏風、襖、衝立、額、画帖など。または、それらを仕立てること。職業としている人を、表具師(ひょうぐし)という。

路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 行田 尚希 2013/2/23

読了です。

高校生の小幡洸之介は、画家である父の作品が夜になると動き出すという怪奇現象に悩まされていた。「そうした事件を解決してくれる場所がある」と耳にして訪ねると、そこはいかにも怪しげな日本家屋。
意を決して中へ入った洸之介が目にしたのは、驚くような光景だった。そして彼は、加納環と名乗る、若く美しい女表具師と出会う。

****************************
これもね、何かの書評で見たんだったかな?それとも文庫本の最後に同じ出版社の他の本を紹介しているページで見かけたのか??
わからないけど「あやかし」という言葉に惹かれて借りてみました。

亡くなった父が残した絵。それが夜になると動き出す、って怖いです。
誰に相談したら良いのかも分からない、途方にくれた時に耳にした噂。
この噂を頼りに、真夜中に向かったのは小路にある屋敷。

真夜中に出かける、って怖い、よね?しかも屋敷で目にしたのは・・・。トラウマになりますよ、うん。

それでも知り合った環さんの協力のもと、父親の絵と対峙する。そこには父の想いが詰まっていた・・・。
それが縁で、父親の絵を「表具」しようと環さんに弟子入りする洸之介。
その屋敷には人ならぬ者、妖狐に狸、猫又に雪女・・・が集っていたのです。

表具、って奥が深い!細かく説明してくれているんですが、読んだときは「なるほど」とわかった気になってますが、細かい名前とかすっかり??です(;^^)。
掛け軸や屏風、ふすまに障子と言った「紙にまつわるあらゆる事」に関わるお仕事なんですよね。

作中では「絵」というものは画家さんの心や想いが詰まっているものが多く、時に念に転じる。
古いものの場合、破損した処からその念が漏れ出て周囲に影響を与える。
仕立直し(表具)する事で、その「気」をコントロールする、というのが表具師のお仕事とされています。

環さんが手がけるのはもっぱらこの「気」が強いもの=あやかし専門。
そんな彼女の処にもちこまれるものと関わるうちに、普通の高校生だった洸之介に変化が・・・というお話です。

全3巻。明日は残り2巻のご紹介です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

はじめまして、本棚荘 紺野キリフキ

「昔はねえ、お家賃というのは本で払ったものですよ」

はじめまして、本棚荘 紺野キリフキ

読了です。

お家賃は、「本」でいただきます? かつては「本」が家賃だったという本棚荘。中にも外にも本棚だらけのそのアパートに引っ越してきた〝わたし〟。だけどそこにいるのはへんてこな住人ばかりで……。

出会ったのは、猫芝居をなりわいとする猫遣い師、本棚に捨てられていたサラリーマンなど、やっぱりへんてこの住人たち。
どこかいびつで、とげを抱えた彼らに触れるうち、〝わたし〟のなかで少しずつ何かが変わり始めて……。

*************************************

1979年北海道生まれ。筑波大学卒業。初作家さんです。
図書館で「ツクツク図書館」という本を見かけたことがあって、「そのうち読んでみよう」って思ってはいたんです。
が、それよりこちらの本の書評を読んで、「本棚」というタイトルに反応して借りてみた(;^^)。

昔、「アパート」って大家さんの特徴がよく出てなかったです?
アパートによって個性があって、新旧入り乱れてあった、って感じ(学生の頃ね)。
古いけど広くて安い家賃の処、新しくて狭くて高い家賃の処。
私は通いだったので、アパート暮らしはしてないんですが、学生一人ひとりが「なぜここに住んでいるのか?」と思う位個性豊かで面白かったなぁ。

でも本棚だらけのアパート、ってのはなかったですね、はい。
この本に出てくるアパートは「本が家賃」という割りには住人は本を読む人ではない。
というか、ヘンな人たち過ぎて、訳が分からなくなってきました。
ここまで個性強くなかったし。

読んでいるうちに「この本の落とし所は?どこ??」って悩むだけになっちゃって、それを見つける為だけにページを繰って。
結局「ん?これで終わり?」と煙に巻かれたような感じ。

あぁそうだ、私はこういう本は苦手だったんだ。
1冊読んじゃってから言うのも何だけど、しみじみ思っちゃったのよね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

名探偵だって恋をする アンソロジー

名探偵だって恋をする アンソロジー 

読了です。

小学生ながらもバリバリの“理系女子”理緒が遭遇した謎と、ちいさな恋(「浮遊惑星ホームバウンド」伊与原新)
骨董店を営む兄と検死官の弟が、ある“遺品”の謎を解く(「ローウェル骨董店の事件簿 秘密の小箱」椹野道流)
事故で演奏できなくなったチェリストは、時空を超えたある場所で、天上の音を演奏する少年と出会う(「空蜘蛛」宮内悠介)など、新鋭作家たちが描く謎とキャラクターの饗宴!!

********************************
今作は、椹野道流先生の作品が収録されている、とのことで読んでみました。
以前紹介した「ローウェル骨董店の事件簿」の番外編です。
上記の他、森晶麿「花酔いロジック」、古野まほろ「消えたロザリオ 聖アリスガワ女学校の事件簿1」の計5篇が収録されています。

「新鋭作家」と書かれてますが、椹野道流先生、新鋭じゃないでっせ。
1996年デビューだもん。「新鋭」って「その分野に新しく現れてきて、勢いが鋭い人」って事でしょ? 新しく、はないよね・・・。

他の作家さんは「伊与原 新,椹野 道流,古野 まほろ,森 晶麿,宮内 悠介」と確かに新鋭かもしれませんが(あ、私が知らないだけ?)

椹野道流先生の作品は安定感あります(^o^)。
骨董店を営む兄と検死官の弟、刑事の幼馴染に、親友の忘れ形見の少年。彼らに持ち込まれたものは日本の「仕組み箱」。からくり箱とも言いますが、仕組みがわからないと開けられない箱に何かが入っている。それを開けたのは、「忘れ形見の少年」。
中から出てきたのはちょっと悲しいエピソード。

それ以外だと「空蜘蛛」は不思議なお話。
夢か現実か、夢の中に居続けたい、でも・・・という葛藤は面白かったですね。
それと「消えたロザリオ」かな。シリーズのアナザーストーリーなのかな?登場人物がややわかりにくかったのですが、謎解きなど展開はオーソドックスで嫌いじゃない。

アンソロジーって作家さんの新規開拓を期待して手に取るんですが、これはそうでもなかったかな(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

死香探偵 喜多喜久

死香探偵 尊き死たちは気高く香る 喜多喜久


読了です。

特殊清掃員として働く桜庭潤平は、死者の放つ香りを他の匂いに変換する特殊体質になり困っていた。
そんな時に出会ったのは、颯爽と白衣を翻し現場に現れたイケメン准教授・風間由人。
分析フェチの彼に体質を見抜かれ、強引に助手にスカウトされた潤平は、未解決の殺人現場に連れ出されることになり・・・。

*******************************
化学探偵Mr.キュリー」の作家さんの作品です。
ラノベジャンルに近いんだとは思うんですが、なんでこんな「変なもの」を思いつくんだろう・・・。

特殊清掃員について書かれた本は数冊読んだことがありますが、死者の放つ香り(ぢゃない匂いだな)について突き詰めて書いた本なんて初めてだよ~。
嗅いだことない、と思う。

主人公潤平は死者の匂いを変換する特異体質になるだけでなく、匂いでその人がどんな死に方をしたのか分かるようになってしまうんですよね。
それをひょんな事から、大学准教授に知られてしまい、彼の実験材料になる事に。

今作で彼が嗅いで&変換してしまった匂いはこちら。

イントロダクション:炊きたてのご飯の香り
1.交じり合う死は、高貴な和の香り
ココナッツミルク  杉とか松とかの香り、そう上品なカツオダシのような香り
2.君に捧げる死は、甘いお菓子の香り
 バニラアイスクリーム 
3.毒に冒された死は、黙して香らず
 まがいもののアップルパイ
4.裁きがもたらす死は、香ばしき香り
 じっくり燻されたベーコンに似た香り 香ばしくて甘ったるい、そうウィスキーの死香だ。

私こんな風な体質になったら立ち直れない・・・。
食事って大事ですよ。特に「ご飯(白米)」!
ご飯の香りが冒頭からだめになってしまうなんて、それまで大好きだった料理が食べられなくなるなんて・・・。本当に気の毒ですわ。

これシリーズ化してないんですよね。シリーズ化しちゃうと主人公潤平くん、何も食べられなくなりそうだけどね。
それでも最後の方で風間准教授がある救済方法を思いつきます。
でもそれはあくまでも「その場しのぎ」「時間稼ぎ」・・・。
かわいい潤平くんの為にもこの1冊で終わったほうが良いんだろうな、うん。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オークブリッジ邸の笑わない貴婦人2&3 太田紫織

昨日ご紹介した作品の2巻&3巻を今日はご紹介。

オークブリッジ邸の笑わない貴婦人2: 後輩メイドと窓下のお嬢様

24時間を十九世紀英国式に暮らす、北海道東川町のお屋敷。ここでのメイド生活にも慣れた鈴佳は、今、真夏の悪夢に襲われていた。
暑さのせいだけじゃない。サボり上手な後輩メイドに我儘なお嬢様、その上鈴佳の“罪”を知る昔のご主人様まで現れて……。
川遊び、乗馬、純情な愛の逃避行。 階上(アップステアーズ)で過ごすご主人様の夢を叶えるため、お屋敷の歯車たちは、今日も 階下(ダウンステアー)を駆け回る!

3.オークブリッジ邸の笑わない貴婦人3: 奥様と最後のダンス

奥様、貴方にとって私は、完璧なメイドでしたか?
北海道東川町のお屋敷で営まれる十九世紀英国式の生活。この特別な毎日にも終わりが近づく中、メイドのアイリーンこと派遣家政婦の鈴佳は、奥様が望む舞踏会の実現に奔走する。しかしそれは思いがけず、町ぐるみの盛大な催しへ。
頼みの綱の執事のユーリさんはどこか様子が変で──。
庭の侵入者、秘密のダンス、奥様が遺した最後の謎。お屋敷の歯車達が輝かす「本物」の時間の締めくくり。

*********************************
昨日で大筋や19世紀と現代の違いについて軽く書いてますので、今日は内容について。

そもそもなぜこんな生活をしようと奥様が思ったのか?
それは時代と自身の病気のせい。奥様の過ごしてきた時代は女性が人間らしく自己主張できる時代ではなかった、この一言につきます。

残り少ない人生、どう生きるか?やりたくてもできなかった事をするには今しかない、
今の自分にはそれができるだけの財力がある・・・。
何か実現する為には熱意ももちろんですが、やっぱり資本がないと、だね~。

それまで家政婦として働いてきた鈴佳は給料の良さに飛びついた訳で、人を雇う、それも複数。いくら冬の寒くなるまで、と期限を決めてもかなり大変だと思います。
洋服揃えるだけでも一苦労でしょ??
洋服だって今と違うんだもん。Tシャツとジーンズ?おいおい、ですよ。

そこに執事のユーリの弟や妹(あ、ユーリさんは奥様のお孫さんです)も加わるだけでなく、ユーリさんの母親(そう奥様の娘さん)も登場してきてトラブルは後から後から湧いてきます。

あ、階級社会ってのもあったな。
「アップステアーズ=階上の使用人を使う側の世界」
「ダウンステアーズ=階下での使用人の世界」
な訳でして、ここら辺はちょっと前に放映していた「ダウントン・アビー」を見ていた方ならよく分かるのかも。

起きるトラブルは「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」ほど大きいものでもないんですが、それでも19世紀の基準にあわせるとすごい大変な出来事なんだろうなぁ。
3巻で完結してくれてよかった~としみじみ。
最後の最後は「うんうん」とついうるっとしてしまうもので、ホッとしましたが、感情をどっちの方向へ動かせば良いのか?鈴佳の気持ち(感情)に沿えない自分がいたりしたので、読み終わったら結構疲れましたね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オークブリッジ邸の笑わない貴婦人 太田紫織

東川に屋敷を一軒。19世紀英国の暮らしを送りたい。
東側(イーストリバー) 樽橋様(オークブリッジ) 愛川鈴佳(アイリーン・メイディ)

オークブリッジ邸の笑わない貴婦人 太田紫織



読了です。

愛川鈴佳、21歳。明日から、十九世紀に行ってきます。「完璧なヴィクトリアンメイド募集」――派遣家政婦・愛川鈴佳に舞い込んだ風変りな依頼は、老婦人の生涯の夢のお手伝い。
旭川近郊の美しい町に十九世紀英国を再現したお屋敷で、鈴佳は「メイドのアイリーン」になった。気難しい奥様の注文に、執事のユーリや料理人ミセス・ウィスタリア、農家のスミス夫人たちと応えるうち、新人メイドは奥様の秘密に触れ……。

****************************************
櫻子さんの足元には死体が埋まっている」で有名な太田紫織さんの作品です。
本屋さんで見かけて気にはなってたんですよね。

派遣家政婦の仕事をしている鈴佳。彼女に持ち込まれた新しい仕事はなんと「19世紀のヴィクトリアンメイド」だった・・・。

19世紀?英国? 本やドラマ・映画での知識しかない処ですが、それを現代の日本、それも北海道は旭川近郊で実際目にすることになるとは・・・って感じです。
だって、19世紀ですよ?しかもそこで「メイド」をするなんて・・・。考えただけでもう「不便」なのは分かりきってますよね。

実際、19世紀英国を再現したお屋敷。
メイドの寝床は屋根裏部屋。キッチンは地下一階。それだけならまだしも、お風呂は?トイレは?? って想像しますよね?
お風呂はヒップバスと言うのがあったんだそうです。「盥(たらい)」よりやや深めの容器です。そこにお湯を入れて使うんだそうですが、ジャグ(ホットウォーターカン)を持って6往復しないとお湯がたまらない・・・。
当時は髪の毛なんかめったに洗えない、って納得です。

トイレは「チェインバーポット(おまる)」というものだそうですよ(;^^)。
台所だって、ガスやIHって何?の時代。そもそも分量の単位も違う・・・。バター1オンスって??ですよ。

服装だってそうですよね。コルセットに長めのワンピース。コルセットなんてかがむことさえできない!
なのに、生活する奥様は朝起きてナイトドレスからディドレスに、昼食後にアフタヌーンドレス、時には少し早いが夕方用のコルセットのいらないティーガウンで過ごし、夕食前にイブニングドレス。 最低でも一日4着のお着替え。
う~ん、良いですよ?良いですけど、働く使用人にとっては泣きたい。

そんな生活の中、鈴佳と奥様の間に、この生活につきあっている酔狂な執事のユーリや料理人、ご近所の農家の方たちとのふれあいや絆について書かれています。

この作家さんの文章ってそんなに得意ではないんですが、何より19世紀と現代の生活の違いに呆然・困惑する主人公鈴佳の心の動き、と設定とお話の進み方に夢中になって読んでしまいました。

こちらは全3巻とのことなので続けて読んでいきます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

タマの猫又相談所1&2 天野頌子

猫又、猫股(ねこまた)は、日本の民間伝承や古典の怪談、随筆などにあるネコの妖怪。大別して山の中にいる獣といわれるものと、人家で飼われているネコが年老いて化けるといわれるものの2種類がある・・・。

タマの猫又相談所1&2 天野頌子 

1.花の道は嵐の道  2.逆襲の茶道部

読了です。

「1.」
―うちの理生ときたら、高校生になったというのに、泣き虫で弱虫でこまったもんだ。やれやれ、おれがなんとかしてやるか―。理生の飼い猫タマは、じつは長生きして妖怪化した猫又。流されるままに花道部に入部し、因縁のライバル茶道部との激しい部室争奪戦に巻き込まれてしまった理生・・・。

「2.」
二年生になった理生だが、所属する聖涼学院高校花道部は新入部員の獲得に苦戦。再び女王・鈴木花蓮率いる茶道部に和室を狙われて…。起死回生の策で高校生生け花コンクールに出場した理生たち、結果はいかに!?

**********************************
作者の天野頌子さんは「よろず占い処」シリーズでお馴染みの作家さん。
文体とか結構好きで、シリーズ物に手を出し始めております。
今作は簡単に図書館手配できたので、読んでみました。

「風月流」という華道の家元の息子、理生。偉大な祖父、現家元の父を見て育ったはずが、華道はやってない。ところが受かった高校の華道部が存続の危機に?!
請われて入部してみたが前途多難・・・。

とにかく主人公の理生くんがね~、弱いのよ。草食男子を通り越してますね。
そんな彼が頼るのは飼い猫のタマ、って設定なんですが、う~ん、タマ可愛くない(;^^)。
いやいや猫又になる位だから、猫界では憧れの対象なんですけどね。
いかんせん・・・。

結構どっちも他力本願だったりして(;^^)。
2巻になって多少成長するかしら?と期待してたんですが、それほどでもなく・・・。
高校生になった、二年生になった、とは言えあまり成長が見られない理生に、
猫又になった、とは言えそもそも猫に多大な期待は・・・のタマですから。

どうせなら、一度華道を挫折した理生が実は隠れた才能の持ち主だった!とか
猫又の秘密の何かが!とかの方が楽しめたかなぁ。
華道ってやったことないので、型の説明とかは興味深かったけどね。

今、ドラマでやってる石原さとみさん主演の「高嶺の花」。
お話はそんなに面白い訳ではないですが、出てくるお花はどれも素敵。
家に花を飾る、そんな生活してみたい、とつい思っちゃいます。
どうせなら理生くんもあんな感じで花いけてみないものかしら?と期待。

3巻が出るのかどうか、は?ですが、もし出たらこれも読んじゃうんだろうなぁ、多分。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

メゾン刻の湯 小野美由紀

「あなたがどんな人間だろうと、僕はあなたが好きだ」
「”正しく”なくても ”ふつう”じゃなくても 懸命に僕らは生きていく。 」

メゾン刻の湯 小野美由紀

読了です。

どうしても就職活動をする気になれず、内定のないまま卒業式を迎えたマヒコ。
住むところも危うくなりかけたところを、東京の下町にある築100年の銭湯「刻(とき)の湯」に住もうと幼馴染の蝶子に誘われる。 そこにはマヒコに負けず劣らず”正しい社会”からはみ出した、くせものばかりがいて・・・。

*****************************
下町×銭湯、という面白い組み合わせの作品です。
これは、新聞の書評か何かで見かけたのかな?
初作家さんです。

銭湯、って良いですよね。
幼少時、祖父母家の近くに銭湯があって、盆暮れ正月に集まると大抵銭湯。
孫は十数人いましたのでね。家庭風呂じゃ埒が明かない。
大きくなるにつれ、集まることもなくなりましたが。
大学時代にも学校近くに銭湯があり、何度か行きましたっけ。
そして就職して数年後、一時期都内にいた頃再び銭湯に通って・・・、と間は空いてますが長いつきあいです。

健康ランドとかじゃないのよ、普通の銭湯。
健康ランド等に比べると小さいけど、家庭風呂よりは大きい湯船につかるのは気持ち良かったね。

そんな銭湯下宿に集まったのは個性的な面々。
愛人生活を送るハーフの蝶子。
ある秘密を抱えたプログラマーのゴスピ。
事故で片足を失ったイケメン美容師の龍くん。
ネットベンチャー勤務の上昇志向のまっつん。
「刻の湯」持ち主の老人・戸塚さん。
両親と離れて暮らす事になった戸塚さんの孫・リョータ。
そして「刻の湯」実質的経営者の青年アキラさん。

「生きていてもいいのだろうか」 「この社会に自分の居場所があるのか」 みんなどこか無理をしたり、悩んだり、頑張ったり。
等身大の彼らの中にあなたは自身を見出すかもしれません。

そんな日々が続くかと思われた処に起きる事件など「どこが山場なの~」と若干思う部分もありました(;^^)が、文章も読みやすいし、面白かったです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

カカノムモノ2 浅葉なつ

「呑むこと以外は、すべて、些事」

カカノムモノ2 浅葉なつ

濁(にご)り人(びと)の死という予期せぬ事態に立ち会った浪崎碧は、心のバランスを崩していた。穢れを呑むのに必要な銅鏡もひび割れたまま、荒(すさ)んだ生活を送る彼の前に現れたのは、一番信頼を置く従兄・涼。
だが彼の振舞いにどこか違和感を抱いた桐島は、鏡を直すべく、碧を連れて鏡師の日名暁溪を訪ねることに。暁溪は碧に理由を告げぬまま、自分の穢れを呑めと要求し・・・

******************************
前作を読んだのが・・・ちょうど1年前ですね。
歳取ってからこっち、時が経つのが早いせいか「おっもう出たのね次」と思ってましたが、衰えつつある脳細胞はしっかり1年分歳を取っており、前作がうろ覚えでした(;^^)。
で、再度借りておきました。

「神さまの御用人」でお馴染み「浅場なつ」先生の作品です。
こちらは、「御用人」ほどおちゃめじゃないんですけどね(;^^)。
やはり主人公が辛気臭いと何となく雰囲気がそうなりますね。

人々の「穢れ(けがれ)」を飲む碧。ただそれだけ。
「ただただ健やかにあれ、健やかに、滞りなく、穢れを加加呑むことこそがお役目」と言われ、育てられてきた。
ところが、前作で思わぬ出来事から、違和感を覚えている碧。

そんな彼に寄り添うカメラマン桐島。彼も一癖も二癖もある男だが、従兄弟の涼よりも碧を心配しており、銅鏡の作り直しにもつきあうことに。
そこで、二人は碧が「穢れを呑む」根っこの部分に触れることになる。

結構小難しいんですよね(;^^)、はっきり言って。
ただ、その理由とか説明が自分には腑に落ちたので面白いんですよ。
あ、でも別の作品(シリーズ)で、「へ?なにこの理由」って腑に落ちないものがあるんですが、そちらもとりあえず続きが気になる、と読み続けていますので、面白くてもなくても読むんですね、私は、きっと。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

以下、ネタバレ的要素(本文中より抜粋)になります。

血を継ぎ、命を継ぎ、記憶を継いで、生きていく。
あれだけ穢れを飲んでいる碧になぜ穢れがたまらないのか?
呑まれた人は記憶や想いだけ碧に残す一方、自身は呑まれたこともその前後の記憶さえなくしてしまう。

記憶を、思い出をもらっていた。僕の中に命を融かそうとしていた。自分が歩んだ、愛しい人生の思い出を。どうか幸せであれ。

せめて、その空虚な殻が、温かなものでみたされるように。穢れとは、穢れでありながら同時に人の感情の一部でもある。人間を人間たらしめる要素のひとつでもある。穢れは記憶であり、記憶は穢れでもある。穢れとはその人の人生の一部でもあるんです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ルリユール 村山早紀

ルリユール(〈フランス〉reliure) 《「ルリュール」とも》 製本。装丁。特に、職人が手作業でつくる、工芸品としての装丁やその技術のこと。

ルリユール 村山早紀

読了です。

黒猫工房では、あなたの大切な本を修復いたします。魔法のような手わざ、傷んだ過去の思い出も、静かに包み込んで・・・。中学生の瑠璃と美しい造本師が繰り広げる、本を愛する人の不思議な物語

********************************
作者の村山早紀さんは、「風早の街」というワールドを作ってシリーズ展開しています。
過去にも紹介してますが、「コンビニたそがれ堂」や「海馬亭通信」、先般本屋大賞にノミネートされた「百貨の魔法」なども彼女の作品です。

今回も「風早の街」が舞台で、本の修復「ルリユール」のお話です。
主人公は中学生の瑠璃。おばあさんが営む料理屋さんで夏休みを過ごそうと風早の街を訪れます。
ところが、おばあさんは急遽入院する事に。
一人でいる瑠璃は坂の上の洋館に住む女性を知り合います。
彼女は「修復師」。本が好きな瑠璃は彼女に弟子入りすることに。

本の修復、って難しいんですよね。やってみたいな、と思うんですが、図書館で行われるイベントは学生まで。良い歳した大人対象のはなかなか巡り会えません。
図書館で借りる本はものによっては修復に修復を重ねたものがあり、
中には「付箋」をしおり代わりに使ったのか糊が残っていて汚れがついてしまったものなどや、何で汚したのかシミになっているものなどもあったりして、「なんでキレイに利用しないのか」と腹立たしくなります。

借りた時に「シミ汚れ」等注意書きが書かれているものではない「何か」を見つけた時は紙を挟んで返却時に一言添えるようにしています。
「落丁」とか結構あるんですよね。文庫本はしょうがないかな、と思いますが。

本への想いとか、多感な中学生瑠璃の心の動き、そしてちょっと不思議な出来事、に読んでいる間は違う世界に行ける作品です。
「風早の街」をめぐる旅にぜひおでかけ下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

勝間式汚部屋脱出プログラム 勝田和代

「断捨離」という言葉もかなりメジャーになり、そこから派生した「終活」なんて言葉も出てきましたね。
こちら、「2週間で人生を取り戻す勝間式汚部屋脱出プログラム」 勝間和代

読了です。

ミニマリストじゃなくても大丈夫! 誰でもできる汚部屋脱出術!勝間和代さんは、自転車、ゴルフ、麻雀、ITガジェットなど、多趣味でモノが大好き。そんな勝間さんが編み出した、汚部屋脱出術とは? そして、二度とリバウンドしない仕組みとは?

****************************

林真理子さんもそうですが「汚部屋」から華麗なる転身を遂げた芸能人の方、多いですよね。こちらの勝間さんもその一人。
一念発起して片付けて&片付けて・・・きれいなお家にしたら、恋人もできた、と(^o^)。

この本では、彼女の断捨離方法をまとめています。
「断捨離」って人それぞれのあった方法ってあると思うんですよね。
色々な方の書いた本を読んで自分にピンと来る方法で整理するのが良いのでは?と最近思うようになりました。

私はこんまりさんの「ときめく」片付けがあの時はピンと来たし、確かにあの時は片付いた。
でも最近またちょっとすごくなってきたのよね・・・。やはりこんまりさんの方法で最後までやらなかったのがいけなかったか。
リバウンド、ってやつですね。

今作では、以下の基本を挙げています。
1.基本「今使ってないもの」は捨てる
2.断捨離の順番は、簡単で効果実感が高い場所から
3.一度に全部終えようと思わない
4.リバウンドを防ぐ生活習慣を身につける

今使っているものって、たいてい身の回りに出ているものですよね。
タンスの肥やしとなっているものは捨てちゃって良いんだろうなぁ、と思う。
で、空いた処に身の回りに出ているものをしまう、と。
ただ一度収めたものって取り出して捨てる、って難しい~。

勝間さんも結構最初は苦労したようです。でもそこで続けられたのは、彼女ならではの着地点があったからでは?と読んでいて思いました。
家電好きなので、ルンバとブラーバってのを両方持っていて、その両方を動かしてる、ってすごい。あの2つって結構良いお値段するよね(;^^)。

作中に、勝間さんが愛用しているバッグ(マザーハウスのヨゾラ2wayバッグM)も紹介されていたんですが、彼女はこれ以外のバッグはほぼ処分しちゃった、と。
ネットで見て、「あらこれ良いかも」と思ったんだけどお値段は良くなかった~。
1点ですべてカバーできるなら他に幾つか買うお金が浮く、とは思うけど&思うけど~。
完全に予算オーバーでした。

他にも彼女が感銘を受けた本なども紹介しておりまして、

座らない!成果を出し続ける人の健康習慣 トム・ラス
よく眠るための科学が教える10の秘密 リチャード・ワイズマン

これらはそのうち、読んでみようかなと思っています。
残念ながら私はこの方のやり方では無理、との結論に達しましたが、「整理しなくちゃ」と思っている方は一度読んでみて下さい。
あなたにあったやり方なのかも??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

鯖猫長屋ふしぎ草紙 田牧大和

ここは、鯖縞模様の三毛猫が一番いばっているので、「鯖猫長屋」そう呼ばれている。
サバという名の、長屋を“仕切る"不思議な美猫(いろおとこ)は、炊きたての白飯しか食べない超わがままもの。

鯖猫長屋ふしぎ草紙 田牧大和

読了です。

「鯖猫長屋」で、利助・おきね夫婦が大喧嘩。その裏に怪しげな呪い師の影が……。
そんな折、サバの妹分さくらに化け猫疑惑が持ち上がる。続けて起きた「赤子の顔の傷」事件や、とある大店の内儀の死も、化け猫の仕業だというのだ。
この騒ぎと怪しげな呪い師に関係はあるのか。 さくらの疑いを晴らそうと、飼い主の拾楽、そして長屋の面々が動き出す。

存在感たっぷりの同心・掛井も駆けつける。しかしサバにはどうも気になることがあるようで――。

***************************

さて、こちらはシリーズ4作目。第1作は2014年。もう4年も経っちゃったんですね~。
1年に1作、ってことか。遅いようで、この作者さんの他のシリーズよりは早く刊行されているので、まだ許す(;^^)。 

サバという名の猫と飼い主の拾楽が住む長屋。他の住人らとのつきあいも長くなる一方で、拾楽の秘密も徐々にもれはじめております(と言っても皆さんそこら辺は口が固いので安心ですが)。
拾楽に心を寄せるおはま、も相変わらずです。

前作 で新しく登場した「さくら」。サバの子分は相変わらず子供気分が抜けていません。
今回はその「さくら」が化け猫疑惑をたてられ・・・というところから始まります。
「んなまさかぁ」と長屋の面々は思うものの、「サバ」の前例があるだけに強く否定もできず、疑惑を晴らすため自分たちで動き出します。

相変わらず拾楽がかっこいいです。見た目はね、そうでもないんだけど心意気というか気の持ち方が良いですね。
おはまの兄、魚屋や元芸人、一時期住んでた作家先生だの脇役もキャラがたってて面白いです。

最後は大団円となるのが分かっているんですが、それでもどう収まるのか?ドキドキしちゃう作品です。
今度新作が出る時は1作目からきちんと読んでいこうっと。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2018 | Main | October 2018 »