« 奇奇奇譚編集部 木犀あこ | Main | 天久鷹央の推理カルテ2&3 知念実希人 »

天久鷹央の推理カルテ 知念実希人

外科医が手術の時に着る薄緑色の術着の上に、ややサイズの大きすぎる白衣。華奢で小柄。ネコを彷彿させる大きな二重の目。軽くウェーブのかかった長い黒髪。

天久鷹央の推理カルテ 知念実希人

読了です。

統括診断部。天医会総合病院に設立されたこの特別部門には、各科で「診断困難」と判断された患者が集められる。河童に会った、と語る少年。人魂を見た、と怯える看護師。突然赤ちゃんを身籠った、と叫ぶ女子高生。だが、そんな摩訶不思議な“事件”には思いもよらぬ“病”が隠されていた……? 

*********************************
さて、こちらも本屋さんで見かけて気になってました。
「天久鷹央」・・・あめくたかお すごい名前ですよね。
表紙絵のこの人が天久さん?ずいぶん可愛らしいじゃないか。

で、冒頭の説明。

150cmにも満たない身長、って事なので、部下の「小鳥遊(たかなし)」が身長180cmを越える、大学時代空手部で鍛え込まれた大男、なので見事な凸凹コンビです。
この「小鳥遊(たかなし)」って名字もすごい。
「小鳥が遊ぶ」→「鷹がいない(から安心して遊べる)」→「たかなし」 だそうです。

彼は外科医として経験を積んでいたんですが、ある事情から内科医へ転身。研修先として赴任したのが、10階建ての天医会総合病院。

この病院の屋上の中心に平屋建てが建っており、そこが天久鷹央の住みか、というか棲みかなんです。彼女の事情のせいもあるんですけどね。

診断できない患者が集まる「統括診断部」。今作では、A:人魂の原科(潜水病) B:不可視の胎児(腹膜妊娠) C:オーダーメイドの毒薬(グレープフルーツジュース)とバラエティ豊かな症例が集まってます。

これはあれですね、海外ドラマ「Dr.ハウス」

ですよ。正に。

見てた人いますかね~。かなりクセのある主人公ハウスが「原因不明の病気」を診断する、って奴。
このドラマに比べれば、天久の奇人ぶりはまだ正常な方なのでは?って思っちゃう。
こっちのドラマを先に見たから免疫ができてるだけかな?

今週はこのシリーズをご紹介します。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 奇奇奇譚編集部 木犀あこ | Main | 天久鷹央の推理カルテ2&3 知念実希人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

思い出してきました。やはり誰かのお薦めでした。ラジオだったかな。昨年の夏かな。レイドを待ちながらカフェで読んだ思い出があります(^^)v

Posted by: セイレーン | July 03, 2018 at 08:13 PM

あれ(゜ロ゜) 私もこの本を読みましたよ。takoingさんのお薦めではなかったのかな?(゜ロ゜)

Posted by: セイレーン | July 02, 2018 at 11:04 PM

おはようございます。たしかに名前すごいですね。

Posted by: オサムシ | July 02, 2018 at 06:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66666810

Listed below are links to weblogs that reference 天久鷹央の推理カルテ 知念実希人:

« 奇奇奇譚編集部 木犀あこ | Main | 天久鷹央の推理カルテ2&3 知念実希人 »