« 天久鷹央の推理カルテ4&5 知念実希人 | Main | 天久鷹央の事件カルテ8 知念実希人 »

天久鷹央の事件&推理カルテ6&7 知念実希人

天久鷹央の推理カルテ6&7 知念実希人

6 幻影の手術室 天久鷹央の事件カルテ


手術室での不可能犯罪。なぜ麻酔医は死んだのか。
手術後のオペ室で起きた医師死亡事件。記録用のビデオに録画されていたのは、一人の麻酔医が「見えない誰か」と必死に格闘し、その末に絶命する場面だった。
手術室は密室。容疑者は全身麻酔で身動きのとれない患者のみ
長編・姿の見えぬ殺人事件・盲腸・麻薬横流し・アナフィラキシーショック

7 天久鷹央の推理カルテV 神秘のセラピスト



白血病の少女を救うのは、医療か、奇蹟か。
白血病が再発し、骨髄移植でしか助かる見込みがない少女・羽村里奈。
だが、複数回に及ぶ化学療法を経ても病気が完治しなかったことで医療不信に陥った彼女の母親は、移植を拒否し、左手に聖痕を持つ預言者の言葉に縋るようになってしまう……。

雑踏の腐敗(身体が腐る:寒冷凝集素症  永久に美しく(若返りの秘術:エストロゲン過剰摂取:ホルモン産生卵巣腫瘍) 聖者の刻印(聖痕:ニッケル性接触性皮膚炎&結核)  書き下ろし エピローグ

********************************
さて本日も「天久鷹央・推理カルテ」シリーズです。
6巻目では、天久病院の研修生・鴻ノ池舞が容疑者となっております。
しかも他病院なので、天久さえも事件解決に手が出せない。そこで小鳥遊を退職させ、病院へ潜入させる(;^^)。

相変わらず、常人にない発想力、の天久鷹央。
それでも、シリーズが進むと(小鳥遊と関わり始めてから)徐々に変化が見られるように。
最近では鴻ノ池舞と仲良くなり女子会に参加してみたり、小鳥遊の主張を考慮する面などがみられたり・・・。

でもこの長編はやはり、長ったるく感じました~。
このシリーズの良い所は、天久鷹央が「ババン!」と謎解きをするところ。そこまではあまりの常識のなさ(というか破天荒ぶり)にひいちゃうだけなのでね。

その点、7作目は複数のお話が集まっており堪能できました~。
病気も色々難しい名前がついておりますが、末端冷え性とか分かる~、って。
エストロゲンの過剰摂取は、そこまで濃いものはそうそう手に入らないでしょうが、世の女性には注意が必要そう。

破天荒・謎解き・シリアス、と色々混ざった作品ですので、読む人の視点によって楽しみ方も変わる作品です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 天久鷹央の推理カルテ4&5 知念実希人 | Main | 天久鷹央の事件カルテ8 知念実希人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。かなり長そうなシリーズですね。

Posted by: オサムシ | July 05, 2018 at 06:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66737958

Listed below are links to weblogs that reference 天久鷹央の事件&推理カルテ6&7 知念実希人 :

« 天久鷹央の推理カルテ4&5 知念実希人 | Main | 天久鷹央の事件カルテ8 知念実希人 »