« もってけ屋敷と僕の読書日記 三川みり | Main | 夜と会う1&2 蒼月海里 »

金曜日の本屋さん4 名取佐和子

やばっ、また更新されてなかった~。なので日付を変えて再投稿。

「あなたは私にとっての冬のバニラアイスです。」

金曜日の本屋さん4 冬のバニラアイス 名取佐和子


読了です。

読みたい本が見つかる駅ナカ書店“金曜堂”。アルバイト店員の倉井史弥は、すっかり店にも馴染み、日々お客様に寄り添って、業務に励んでいる。
とはいえ、じつは大型書店“知海書房”の御曹司である彼は、将来についていよいよ考えねばならない時期でもあった。
幼い頃に別れた母との再会、イベントごとになぜか浮き沈みする金髪オーナー・ヤスとそれを案じる栖川、南店長への想い…大忙しの冬をこえて、倉井が見つけ出すものは?

1.100万回きたサンタ(100万回生きたねこ)
2.ステップ (スキップ 北村薫
3.銀河タクシーの夜 (銀河鉄道の夜)
4.金曜日の書店員たち (誕生日の子どもたち カポーティ)

*******************************

シリーズ最終巻です。最初に紹介したのが2017年8月ですから、結構短期間でしたね。さすがラノベ。
すごい早いスパンで刊行される本って先が気になる読者にはありがたいのですが、作者さんにしてみるとしんどいだろうなぁ、って思う。
それとも「書きたい事であふれてる!」って感じなのかな??

さて、「読みたい本が見つかる」書店。
あ、昨日の記事の問いかけじゃないけど、この店に行けばいいのか(;^^)私。
問題は1冊じゃ物足りない事ですかね~。

大学生のアルバイト、倉井さん。1巻では「へんっ」と頑なだったのに、すっかり魅力にとりつかれてますね。誰の?何の??
そんな彼も、将来、そう就活の時期。自身の父親が経営する大型書店か、それとも別の道か??

そんな彼に試練か、という出来事が。小さい頃別れたきり会ってない母親が突然登場。しっかし、お母さん、海外に住んでた、って・・・んで小説書きたいから出ていったって・・・。破天荒すぎるぜ!

でもまぁなんとか最後には倉井くんも進むべき道がみえてきて、店長との道もなんとなく見えてきて・・・。終わりよければ、ですね。
作中で店長が倉井くんに言います。
『冬のバニラアイスって甘さにやさしさが加わって、それでいて喉ごしがすっきりしているので、私、大好きなんです。』

最後に店長が言います。
『あなたは私にとっての冬のバニラアイスです。』

柔らかい素敵な表現ですね。疲れた時、寂しい時に読むのに良いですね。
こちらの作家さん、このシリーズとあと他に1作だけしか読んでないんですが、他にも読んでみようかな、って思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« もってけ屋敷と僕の読書日記 三川みり | Main | 夜と会う1&2 蒼月海里 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。冬は昔よりはアイス食べられるよになりましたが、私自身はやはり食べないことが多いですね。

Posted by: オサムシ | June 21, 2018 at 06:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66597185

Listed below are links to weblogs that reference 金曜日の本屋さん4 名取佐和子:

« もってけ屋敷と僕の読書日記 三川みり | Main | 夜と会う1&2 蒼月海里 »