« パンとスープと猫日和2&3 群ようこ | Main | 古道具 中野商店 川上 弘美 »

時をかける眼鏡6 椹野道流

ビンゴゲーム、ラクレットチーズ、屋外パーティ・・・。

時をかける眼鏡6 王の決意と家臣の初恋 椹野道流

読了です。

各国の賓客を招き、ポートギースの王・ジョアンとヴィクトリアの結婚式が盛大に行われ、試練を乗り越えた二人には幸せな日々が待っているかに見えた・・・。
しかし、結婚式に招かれた、大国フランクの使節がその夜、場内で転落して、不審な死を遂げる。 賓客の死に操作を始めた遊馬たちだが、ジョアンの家臣が、殺害を認める供述をし、国家同士の大問題に発展仕掛けるが・・・・・?

******************************

1巻から順次ご紹介しておりますが、前回から半年以上経過。

現代から過去へタイムスリップをしてしまった法医学を学ぶ医学生の西條遊馬は、過去の世界で彼を呼び寄せたマーキス王家に力を貸す事に。
そこの三男坊、が遠く離れたポートギース王国に嫁ぐ事になったのが3巻、か。

遊馬は、ポートギース王国に嫁ぐ姫王子・ヴィクトリアのお供の一人として、ポートギースに随行するんだけど、王女の家出やら何やら色々トラブルを乗り越え、いよいよこの6巻で結婚式です。

ところがこのポートギース王国。山間の小さな国で(小さすぎるために他国の侵略を逃れてきた、というちょっと悲しい理由)、国賓のもてなし方に頭を悩ます。
そこで遊馬は現代のあれこれをアレンジすることに。

大広間が1つしかないので式と披露宴が続けてできない!
→じゃぁ、屋外で披露宴にしちゃおう。ビアホール風にして。
農産物はあるけれど、素朴な料理しか出せない!
→じゃぁ、いっそその素朴さを打ち出してラクレットチーズ。
あまりお金をかけられない
→じゃぁ、ビンゴゲームにして国民が冬の間に作った手工芸品をプレゼント

こういう部分ってホント読んでいてワクワクします。
現代の自分らにとっては当たり前の事が、過去ではとんでもない事だった。
これって、異世界物でも同じですよね。
(ライトノベル読んでいるとそういうのいっぱいあるんだけど)
「おいしいもの」「よりよいもの」「より素敵に」とあくなく追求する姿ってなんかすごいかも。

6巻では、結婚式の模様でかなりのページを使っており、事件及び解決編は残り1/3、って感じ(;^^)。でも1冊で終わってくれたらホッ。次巻へ続く、なんて言われたら「キャー」って叫んじゃうもん(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« パンとスープと猫日和2&3 群ようこ | Main | 古道具 中野商店 川上 弘美 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

面白そうなら読んでみようと図書館をみたら やはり貸出し中でした (^_^)

Posted by: セイレーン | June 09, 2018 at 11:38 AM

おはようございます。タイトルから一瞬
時をかける少女かと思ってしまいました。

Posted by: オサムシ | June 08, 2018 at 06:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66791771

Listed below are links to weblogs that reference 時をかける眼鏡6 椹野道流:

« パンとスープと猫日和2&3 群ようこ | Main | 古道具 中野商店 川上 弘美 »