« 卯ノ花さんちのおいしい食卓 瀬王みかる | Main | パンとスープと猫日和 群ようこ »

卯ノ花さんちのおいしい食卓2&3 瀬王みかる

さて、昨日の記事のこちら。2017年5月現在3巻まで刊行されています。
というか、2016年12月に出た3巻で完結、のようです。

卯ノ花さんちのおいしい食卓 瀬王みかる 
2お弁当はみんなでいっしょに 3しあわせプリンとお別れディナー

読了です。

<2>卯ノ花家に住まわせてもらうことになった若葉を、同じ施設で育った愛実が訪ねてきた。だが愛実は産んだばかりの赤ん坊をおいていなくなってしまう。実は愛実はまだ結婚していなくて!?  

<3>卯ノ花家に、月(ユエ)一族の血を引く少女・彩芽がやってきた。お母さんを亡くしたうえ、月一族の秘密を知らされ混乱している彩芽を元気づけるため、若葉たちが作った料理とは…? 朱璃の育ての親の辰巳も帰国してにぎやかになった卯ノ花家。でもそれは悲しい別れを予感させていて・・・。

***********************************
冒頭に書いたように、3巻で終わりです。
と言いつつまだ続けられそうな感じでもあるんですけどね。

さて、若葉は幼少時、母に捨てられ施設で育ちます。その施設の友人の悩みに若葉は若葉なりに寄り添います。おいていかれた赤ん坊ですが、月一族の朱璃(黒髪)は子育ても経験しており、おんぶ紐で背中に抱いてあやすほど。

朱璃のした子育て(ず~っと昔、戦時中)の話も別途収録されているんですが、そっちは思わずホロリ、と来ます。
人間はほんと短命なんだね、としみじみ。
私てきには、人生90年とか十分長いと思っているので、長生きはしたくないかなぁ。

この不老長寿の月一族、ですが、不死、なわけではなく長命なだけ、ということで、3巻ではある出来事を経験します。こちらもホロリ、と来ますね。
一族専門の病院がある、とか彼らをサポートするスタッフがいる、とかいろいろ設定があって面白いんですけどね。

そういえば、若葉が身を寄せるこの屋敷。一角をカフェにしています。
「う~ん、今日は休み」なんて気分で営業しているせいか、不定期営業です。
(もっぱら言うのは朱璃なんですけどね)
イケメンがいるカフェ、ということで開ければお客さんどっと来るんですが。

「おいしい食卓」ということで、おいしいフレンチトーストの作り方、とかいろいろ小ネタが紹介されています。カフェのケーキとかも凪(金髪)が作っているし。

我が家もカフェにするくらいの敷地はあるんだけどね~。いかんせん「不便すぎる」・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 卯ノ花さんちのおいしい食卓 瀬王みかる | Main | パンとスープと猫日和 群ようこ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。こちらもシリーズ化しているのですね。

Posted by: オサムシ | June 05, 2018 at 06:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66791553

Listed below are links to weblogs that reference 卯ノ花さんちのおいしい食卓2&3 瀬王みかる:

« 卯ノ花さんちのおいしい食卓 瀬王みかる | Main | パンとスープと猫日和 群ようこ »