« ちどり亭にようこそ3 十三 湊 | Main | ローウェル骨董店の事件簿3 椹野道流 »

最後の晩ごはん9 海の花火とかき氷 椹野道流

また1週間の始まりですね~。
GWも終わったし、暑くなってきたし、(´Д`)ハァ…。

最後の晩ごはん 海の花火とかき氷  2017/12/21 椹野 道流


読了です。

兵庫県芦屋市。元俳優の海里の職場は、 夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。
人間だけではなく幽霊も常連客という不思議な店で、 それなりに楽しく働いている海里だが、 近頃気になる事があった。 誰かの気配と視線を感じるのだ。
気のせいと割り切って、 後輩の李英と芝居を見に行った帰り、 海里は「シネ」という言葉とともに突き飛ばされる。 その犯人は、視線の持ち主でもある「重い女」の幽霊、フミで……。

********************************
さてこちらの作品。BSでドラマ化されてました~。前クールだったので、
すでにDVD発売が決定しているけど(2018/06/08)。

Saigoban

ドラマと原作は結構違うもんだなぁ~と思いながら見てました。
こちらシリーズ9作目、となります。すごいのぉ、もう9冊目かぁ。
前作が2017年8月なので、半年に1冊ペース。
薄いのでサクッと読めちゃうんですが、ご飯描写はとっても素敵(^o^)。

芦屋にある夜から明け方にかけて営業している定食屋。
場所柄か時間柄か、なぜか不思議な方がいらっしゃる。
今回の幽霊(狂言自殺に失敗して本当に死んでしまったフミさん)は変わり種。

人違いで海里を殺そうとする怨霊なりかけ女性。
なのにばんめし屋の面々は人が良いのか、成仏させてあげようと奮闘。
ところが、結構未練を残していた為、成仏しそこなう。
今までは大抵一回か2回で成仏されているんですけどね~。

そしてご飯は高野豆腐のそぼろ丼とかバターチキンカレーとか、かき氷とか色々。
巻末にはレシピも載っており、作家さん必ず自分で作るんだそうな。
椹野道流(ふしのみちる)先生。twitterをフォローしてるんだけど面白いの。
毎日忙しそうだなぁ、と思っているのに更に色々チャレンジされてて。

私なんか何もしないのに毎日あっという間に過ぎてますけど?(;^^)。
もう少しうまく時間を使わないと、だめですね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ちどり亭にようこそ3 十三 湊 | Main | ローウェル骨董店の事件簿3 椹野道流 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。BSドラマ化知りませんでした。

Posted by: オサムシ | May 14, 2018 at 06:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66523256

Listed below are links to weblogs that reference 最後の晩ごはん9 海の花火とかき氷 椹野道流:

« ちどり亭にようこそ3 十三 湊 | Main | ローウェル骨董店の事件簿3 椹野道流 »