« からくさ図書館来客簿4&5&6 仲町六絵 | Main | ちどり亭にようこそ3 十三 湊 »

ちどり亭にようこそ2 十三 湊

自分で自分の生活をオーガナイズ 
ちどり亭にようこそ2 ~夏の終わりのおくりもの~
2017/4/25 十三 湊 (著)


読了です。

いつも元気な店主・花柚が、小学生のとき以来だという風邪をひいて、寝込んでしまう。急きょピンチヒッターを頼むことになり、彼女が声をかけたのは、西陣で人気店を営んでいる松園というおじいさん。幼い頃から花柚を知っているという彼もまた、ひときわ美味しい料理を生み出す、個性的な人だった―。

*******************************

第1巻を紹介して約1年。1巻を読んだ時、冒頭の「生活をオーガナイズ」という言葉がなんかしっくりこなくって、色々と書きました。

とりあえず2巻を読んでみましたが、う~ん1年ぶりだとさすがに前作を忘れてる(;^^)。
いや、花柚さんが着物に割烹着をつけて朝早くからお弁当を作っている、ってのは覚えてるぞ。そしてバイトの彗太くんとか花柚さんの婚約者とか・・・(;^^)。

今回も三種のだし巻き卵や祝いの懐石などおいしそうな料理も出てきたし、彗太くんの山歩きサークルの新入生野乃香の問題とか、色々ありました。
そんな色々を花柚さんが優しく解きほぐしていく、ってスタイルは変わりなく。

ただ、前作で婚約者とヨリが戻って、いざ結婚へと話が進んだ関係で、色々トラブルが起きそうな予感。
何せ、京都って名家が多いらしいから、「家を継ぐ」という事が非常に重い(みたい)。
そもそも、婚約者との関係も幼少時から決まっていたり。いやいや、名門、って大変なのね~、としみじみ。

お弁当屋さん、やっぱり不思議。自分で持ち込む弁当箱はどのタイミングで預けるの?とか洗った弁当箱はもう一回洗うの?とか色々考えちゃいます。
小さい弁当箱だとおかずが全部入らなそうなんだもん(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« からくさ図書館来客簿4&5&6 仲町六絵 | Main | ちどり亭にようこそ3 十三 湊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます😃
お料理が出てくるお話は好きです。
食欲に拍車がかかってしまいますが(笑)
takoingさんは分食 慣れてきましたか?

Posted by: モリゾ | May 10, 2018 at 07:44 AM

おはようございます。お弁当やさんいろいろ大変そうですね。

Posted by: オサムシ | May 10, 2018 at 06:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66512073

Listed below are links to weblogs that reference ちどり亭にようこそ2 十三 湊:

« からくさ図書館来客簿4&5&6 仲町六絵 | Main | ちどり亭にようこそ3 十三 湊 »