« ザ・藤川家族カンパニー2&3 響野夏菜 | Main | 継続捜査ゼミ 今野敏 »

キネマ探偵 カレイドミステリー 斜線堂有紀

映画は人生のつまらない部分を切り取って、面白い部分だけを繋げたものだ(ヒッチコック)

キネマ探偵 カレイドミステリー 斜線堂有紀

読了です。

「休学中の秀才・嗄井戸高久を大学に連れ戻せ」留年の危機に瀕するダメ学生・奈緒崎は、教授から救済措置として提示された難題に挑んでいた。
しかし、カフェと劇場と居酒屋の聖地・下北沢の自宅にひきこもり、映画鑑賞に没頭する彼の前に為すすべもなく…。
そんななか起こった映画館『パラダイス座』をめぐる火事騒動と完璧なアリバイを持つ容疑者…。ところが、嗄井戸は家から一歩たりとも出ることなく、圧倒的な映画知識でそれを崩してみせ・・・。

*******************************
引きこもりを探偵にした作品というとかなり昔になりますが、坂木司氏の「ひきこもり探偵」シリーズを思い出します。
あれは読みやすかったけど、この作品は結構・・・(;^^)。

やたら難しい言葉を使っていて、何度頁をめくり直したことか。
中にはふりがなのないものも多くって・・・。例えば

目敏く(めざとく) これはふりがながあったけど、
寄越せ(よこせ)
僭越ながら(せんえつ)
与り知らぬ(あずかりしらぬ)
形振り構わず(なりふりかまわず)
なかなかでしょ?(^o^)。それでもここらへんは読めたり、何となく想像できたけど、

これのお蔭で
踏み躙ってくる
引き摺り出す
擬えられているだろう罪に
見ていて戦くくらい凄惨に、激しく
頓珍漢なフォロー
不快だ ただお前がここに来たのは不快中の幸いだった

いやいや・・・この漢字の使い方は合っているのかしら?
勿論校正したんでしょうから、合っているんでしょうけど、
なんかわざと小難しくしたような感じなんですよね。

その他にも彼がなぜ引きこもりになったのか?ある事件が原因なんですが、「いやいやそんなのは書かなくても?」と思う所があったりしてね。
でも引きこもりの嗄井戸高久は結構魅力的で、つい放って置けない。
奈緒崎もそう思ったからなんだかんだと世話を焼くんでしょうけど。

こちらは第2作も出たそうですが、図書館には入ってないんですよね。
そのうち買わないと、かな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ザ・藤川家族カンパニー2&3 響野夏菜 | Main | 継続捜査ゼミ 今野敏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ブログ中に出てきた漢字
全然読めませんでした(;ω;)
普段変換機能にばかり頼っているので
全く読み書きできなくなった気がします

Posted by: モリゾ | March 18, 2018 at 05:59 PM

おはようございます。漢字なかなか読みにくいですね。

Posted by: オサムシ | March 16, 2018 at 06:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66257301

Listed below are links to weblogs that reference キネマ探偵 カレイドミステリー 斜線堂有紀:

« ザ・藤川家族カンパニー2&3 響野夏菜 | Main | 継続捜査ゼミ 今野敏 »