« 幽落町お化け駄菓子屋 異話夢四話 蒼月海里 | Main | 蔵書一代―なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか 紀田 順一郎 »

さがしもの 角田光代

さがしもの 角田光代

読了です。

「その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」、病床のおばあちゃんに頼まれた一冊を求め奔走した少女の日を描く「さがしもの」。
初めて売った古本と思わぬ再会を果たす「旅する本」。
持ち主不明の詩集に挟まれた別れの言葉「手紙」など九つの本の物語。

************************
『この本が、世界に存在することに』というタイトルから改題されたようです。
この本、タイトルそのままで不思議な事になったんですよね。

図書館で見つけて借りてみたんですが、実は一度読んだことあった(;^^)。
これでも一応冒頭か数ページは読んで見るんですよ。
なのにそれでも気づかなかった・・・。

なんで気づいたかというと図書館にも読書記録サイトがあり、借りた本は本棚に自動的に収納されます。
そこに「読了」で登録されてたんです。あ、あれ??と思って読書blogで検索し、本blogで検索し、どちらも無いことが発覚しましたわ。

「本」にまつわる作品集です。


無限に広がる書物の宇宙で偶然出会ったことばの魔法はあなたの人生も動かし始める。改題。

|

« 幽落町お化け駄菓子屋 異話夢四話 蒼月海里 | Main | 蔵書一代―なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか 紀田 順一郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。タイトル改題されていたのですね。

Posted by: オサムシ | March 21, 2018 at 09:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66511460

Listed below are links to weblogs that reference さがしもの 角田光代:

« 幽落町お化け駄菓子屋 異話夢四話 蒼月海里 | Main | 蔵書一代―なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか 紀田 順一郎 »