« 華舞鬼町おばけ写真館 祖父のカメラとほかほかおにぎり 蒼月 海里 | Main | 通い猫アルフィーとジョージ レイチェル・ウェルズ »

京都寺町三条のホームズ8 望月麻衣

「その親バカならぬ”彼女バカ”をなんとかしてもらえませんか?」

見習い鑑定士の奮闘~京都寺町三条のホームズ8 望月麻衣


読了です。

高校を卒業した葵は、無事、念願の京都府立大学に合格。
清貴も大学院を卒業し、ようやく2人の仲も…と思っていたら、なんと清貴はオーナーに、 社会勉強のため京の街の外に修業に行くように命じられた! 

*********************************

初めて紹介したのが2017年10月でした。そこで7巻まで紹介しておいて、8巻が借りられたのが11月に入ってから。ようやく記事にできました。

前巻迄で第1部的な感じ。今作で主人公葵ちゃんは大学生に、清貴氏も社会人に、とグレードUPし、第2部開始となっております。
前作迄で「いずれ骨董店をカフェにしたい」と語っていた清貴氏。本格的に鑑定作業と店の改装をしていくかと思いきや・・・

「武者修行」へ出されてしまいます(;^^)。
祖父があちこちに声かけて名乗りを上げた所から「好きなトコ選べ」と。

で選んだ最初の修業先は、八幡市にある松花堂美術館(3ヶ月)。
次の修行先は、幼少から清貴を見守ってきた祖父の友人、上田さんの会社(3ヶ月)。
そして美術界の権威、トーマス・ホプキンスのいるNYメトロポリタン美術館(2ヶ月弱)。
4月から3+3+2ヶ月でクリスマスには日本へ帰る、と。

非常にそつのない清貴だけに、どこでどんなことをやっても何とかなっちゃう(というかベストのパフォーマンスを披露する)のは嫌味を通り越していっそすっきりします。
そんな彼だけど欠点が1つ。冒頭の「彼女バカ」になります。
クールで理知的な清貴が、葵さんに対してはデレデレ、なんですよね。

そういうとこはラノベっぽいかなぁ。というか少女趣味っぽいというのか。
少女が好きそうな設定・展開ですね。
でもまぁ、次は出れば読んじゃうんでしょうね。気楽に読めるし。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 華舞鬼町おばけ写真館 祖父のカメラとほかほかおにぎり 蒼月 海里 | Main | 通い猫アルフィーとジョージ レイチェル・ウェルズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

軽い感じの謎解きものですか〜
この手のタイプの本は大好きです❤️
恋愛ものがほのかに混ざってそうで良いですね〜

Posted by: モリゾ | January 26, 2018 at 06:46 AM

おはようございます。京都寺町三条たまに行きます。

Posted by: オサムシ | January 25, 2018 at 06:23 AM

気軽に読めるのがいいですよね。

Posted by: mahalobunny | January 25, 2018 at 06:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66031597

Listed below are links to weblogs that reference 京都寺町三条のホームズ8 望月麻衣:

« 華舞鬼町おばけ写真館 祖父のカメラとほかほかおにぎり 蒼月 海里 | Main | 通い猫アルフィーとジョージ レイチェル・ウェルズ »