« 鯖猫長屋ふしぎ草紙3 田牧大和 | Main | 書店ガール6 碧野圭 »

神さまの御用人7 浅葉なつ

先週は途中で力尽きてしまいました・・・(;^^)。
12月の声を聞いた途端に、「何か毎日が早い・・・」と。
いや、歳とってからこっち、結構毎日早いんですけどね。

今週は頑張ります。さて今日の紹介本は

「神さまの御用人7 浅葉なつ」

読了です。

朝を迎えるごとに記憶を失ってしまう月読命。彼の御用は、こんな自分を支えてくれる実弟・須佐之男命への贈り物を探して欲しいというものだった。
いつも通り行動を起こす良彦だったが、それはやがて予期せぬ方向へと一同を導くことになり……。
一方、穂乃香はとある女子生徒と「月」をきっかけに距離を縮め、次第に彼女の心に寄り添っていく。 記紀に伝えられることなく葬られた神々の秘密が今、月光に晒される・・・。

**************************
前作を紹介したのが今年の1月。ついこの間読んだ&紹介した、と思ってたんですが・・・もう12月だもんね~、うんやっぱり毎日が早い(;^^)。

今回は長編、です。しかも対象神がイザナギノカミから産まれた三貴紳(日本神話に出てくるアマテラス、ツクヨミ、スサノオの三柱)です。
いやぁ、私でも知ってるぞ、うん。
あ、でも「ツクヨミ」は他の2柱よりはマイナーかな?

そのちょっとマイナーなツクヨミからスサノオへのプレゼントを探してくれ、という依頼から物事がホント大きくなっていきます。これはすごい(;^^)。
日本の出来を根本から変えちゃう?!って位の。

長編だけに、話がどう転がるか分からず、しかも結構悲しくてね、結構ハラハラドキドキしながら読んじゃいました。
そして、最後の最後にまさか?!の展開が。

読み終わって呆然としました。もう次が気になる&気になる。
読むのは数時間、待つのは数ヶ月。辛抱、と分かってはいるけれど、
シリーズ物、って(((p(>o<)q)))いやぁぁぁ!!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 鯖猫長屋ふしぎ草紙3 田牧大和 | Main | 書店ガール6 碧野圭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

もう12月で 今年もあと少しですね。

Posted by: オサムシ | December 11, 2017 at 06:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65933884

Listed below are links to weblogs that reference 神さまの御用人7 浅葉なつ:

« 鯖猫長屋ふしぎ草紙3 田牧大和 | Main | 書店ガール6 碧野圭 »