« 神さまの御用人7 浅葉なつ | Main | 二階の王 名梁 和泉 »

書店ガール6 碧野圭

本日もシリーズもののご紹介。
あ、でもこっちは昨日の程焦がれてないけどね(^_-)-☆。

「書店ガール6 遅れてきた客」 碧野圭


読了です。

彩加が取手の駅中書店の店長になってから一年半、ようやく仕事が軌道に乗り始めたと感じていたところ、本社から突然の閉店を告げられる。一方、編集者の伸光は担当作品『鋼と銀の雨が降る』のアニメ化が決定して喜ぶものの、思わぬトラブル続きとなり…。

***********************************
第1巻から主人公が徐々に変わっていくシリーズです。
これって結構面白い趣向だな、とは思うものの、1巻で主役を張っていた主人公らが、脇でしか出てこないのはちょっと淋しいな、とも思います。

今回は前作から続いて、エキナカ書店の店長が主人公。あ、それとそこのバイトくんが書いた作品のアニメ化に関わる伸光(第1巻主人公亜紀の旦那)がメインです。

彩加の方の悩み(会社の方針で右往左往させられる)も、伸光の方の悩み(チーム内の調整役として右往左往させられる)も分かる&分かる~。

彩加の方で初めて知った「ビブリオマンシー」というもの。
ビブリオマンシー 書物占いとも言われ、本を手にして、ぱっと開いた頁の言葉がその時、その人に必要な言葉だとされる、というもの。

今回彩加はこんな言葉をもらいます。
「世界はあなたのためにない」

岡崎武志の読書で見つけた 心に効く名言・名セリフ より
世界は、あなたの前に、重くて冷たい扉をぴったり閉めている。それを開けるには、じぶんの手で、爪に血をしたたらせて、こじあけるより仕方がないのである。


そして伸光の方。
こちらはアニメ化について。最近って小説-マンガーアニメ-実写映画 ってのが一抱えになってるじゃないですか?
これに「TV-映画」を加えると何通りも商売できちゃう。

好きだから、つい見ちゃうけど裏でこんだけ大変な事になってるんだなぁ、と。
良く原作者とTV局でのトラブルとか起きてますもんね。
それぞれがそれぞれの主張をするのは分かるんだけど・・・なんかなぁ。

物が売れない時代、とは良く言ったもので、どこもかしこも売ろうとするとおかしくなる。でも好きだから、だけじゃやっていけない。ホント大変だなぁ。
あまりにも現実を投影しすぎてて、夢見れないフィクションはしんどいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神さまの御用人7 浅葉なつ | Main | 二階の王 名梁 和泉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

今 書店 店長だと大変でしょうね。

Posted by: オサムシ | December 12, 2017 at 06:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65933861

Listed below are links to weblogs that reference 書店ガール6 碧野圭:

« 神さまの御用人7 浅葉なつ | Main | 二階の王 名梁 和泉 »