« 君の知らない方程式 BISビブリオバトル部 山本弘 | Main | 神さまの御用人7 浅葉なつ »

鯖猫長屋ふしぎ草紙3 田牧大和

朝、起こす時、鼻をがぶりと噛む、
朝、容赦なく顔を踏んづけられ、頬と唇にしっかり爪が食い込む、
朝、顔を覗き込み、しっかり爪を出した左の前足で、ぐぃ、と額を抑え込む・・・

鯖猫長屋ふしぎ草紙3 田牧大和

読了です。

人間より偉い猫サバが仕切る「鯖猫長屋」で事件が!?
店子たちに愛されているおはまに、サバが毛を逆立て、飛びかかったのだ。

その日おはまは奉公先で、ある大店へ届け物を頼まれたという。しかしそれが「出戻り文箱」と噂のものだった。元盗人で、今はサバの飼い主である画描きの拾楽は事情を探るが……。

***************************************

第2作を紹介したのが2017年6月。それから半年近く。今回はかなり早く読めました。
本屋さんでみかけて「あ、借りないと」と(;^^)。
すみません、文庫本でさえ買わずに図書館を利用しちゃってます。

サバの飼い主、拾楽の裏の顔も明らかになり、それがばれてる隣人らとの生活もほどほどの安定感。店子のおはまの拾楽への片思いもほどほどの安定感。
そこへ、サバがおはまに飛びかかるという事件が。
どうやら何か憑いてきたらしい。届け物の「文箱」に一体何が?!

今回もレギュラーが多いせいか、新たな人物が出てくれば「あ、こいつか」と分かる感じ。でもそのねじれ具合がなんか陰湿。
今回の悪役もひどいヤツでした。
彼のせいでどれだけの人が不幸になったことか。
TVの時代劇でみてる内容なんですが、この作家さんの本を読むとなんかじっとりと染み込んできます。

それだけにサバと子猫のさくら、の描写には癒やされます(^o^)。
サバはね、長屋のボスな訳だ。長屋の人もサバの言うこと(鳴くこと?)には従う。そんなサバを師と仰ぐ子猫「さくら」。でもまだ迫力不足。可愛いのよね。

面白いシリーズなんですが、いかんせん前作を忘れちゃう。今回も2巻を再読してから読んだんですよね~。
それでもサバ&さくらに会いたくて次が出たら読んじゃうんでしょうね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 君の知らない方程式 BISビブリオバトル部 山本弘 | Main | 神さまの御用人7 浅葉なつ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

なかなか面白そうな話ですね。

でも気になったのがサバ猫。
猫なのにサバ?っておもったら本当に
そう呼ばれる種類があるのだと知りました。

Posted by: ジャランこ | December 06, 2017 at 11:31 PM

人間より偉い猫はすごいですね。

Posted by: オサムシ | December 06, 2017 at 06:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65909482

Listed below are links to weblogs that reference 鯖猫長屋ふしぎ草紙3 田牧大和:

« 君の知らない方程式 BISビブリオバトル部 山本弘 | Main | 神さまの御用人7 浅葉なつ »