« SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室 富樫倫太郎 | Main | SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室4&5 富樫倫太郎 »

SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室2&3 富樫倫太郎

さて昨日に続き、「SRO」の紹介です。



SROⅡ死の天使
某病院の関係者の間では、末期癌患者など完治する見込みがない患者が「早く死にたい」と願うと、その願いを叶えてくれる〈死の天使〉がいるという噂がまことしやかに囁かれていた。 投書から疑問を抱いた新九郎は、死亡事由と原疾患が異なる同病院の死亡患者について調べ始める。

SROⅢキラークィーン
ドクターこと近藤房子が逮捕されて2ヵ月弱、世間では房子は“キラークィーン”との異名を取り、若者から崇められていた。黙秘を続ける房子の元に、弁護士を通じて「Mに従え」というメッセージが相次いで届く。
****************************

昨日の作品の最後で、広域犯罪者との対峙がありました。
SROのメンバー、木戸沙織を救う為に行動した尾形と針谷はその後有給休暇(=謹慎)を取らされ、残ったメンバーも行動の自粛を命じられます。

ところが、前作の事件が報道されると「うちの子供を探して」「犯人を捕まえて」と大量の投書が届くことに。その確認&整理をしているだけ。
その投書から事件に発展していきます。

どんな勘が働くのでしょうね(;^^)。膨大な投書から事件のにおいをかぎつける部分は「う~ん、目の付け所が違うのか??」とちょっと疑問。
展開部は結構微妙な橋渡しですね。

そして3巻では、1巻で捕まった房子の脱獄です。
2人の若者がなぜか脱獄に手を貸しますが、その動機が微妙~。
そもそもあんな危ない人を脱獄させるのもどうか、って思っちゃうのは歳くったからかな??

更に房子に取り込まれる若者・・・。もう残酷すぎます!
こういうお話・展開なんだ、ってわかってはいますが、猟奇的なお話、って心が疲れますね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室 富樫倫太郎 | Main | SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室4&5 富樫倫太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

残酷なのは苦手です。

Posted by: オサムシ | November 21, 2017 at 06:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66023922

Listed below are links to weblogs that reference SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室2&3 富樫倫太郎:

« SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室 富樫倫太郎 | Main | SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室4&5 富樫倫太郎 »