« 校閲ガール ア・ラ・モード 宮木あや子 | Main | レヴォリューションNo.3 金城一紀 »

君は月夜に光り輝く 佐野徹夜

私が利用している読書記録サイトではたまにイベントをやってます。「レビュアー大賞」とか、「ライトに文芸はじめませんか?」フェアとか。
本を読んで感想(レビュー)を書いて、とね。

こちらはそんなイベントの1つで紹介されていた本です。
読んだのはレビュー締切後、だったけどね(;^^)。

君は月夜に光り輝く 佐野徹夜



読了です。

「第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作」
大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。
彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

***********************************
ライトノベル、なんですが中身、というかテーマは結構重いです。
重いものは重い文章、という世代だったし、この年代の頃はライトノベルも走りだったしさ~。どうも文体と内容のアンバランスさにとまどってしまいます。

若い時にしか「恥ずかしがらずに重いことを真剣に」語れない気がするんですけど。青臭かった自分を思い出し書いてみてます。

「発光病」と聞くとつい似鳥鶏氏の「青藍病治療マニュアル」をつい想像しちゃったんですよね。んでもって読んでみて私は似鳥氏の作品の方が好きかなぁ~。

こちらでは、病院に入院したままの女子高生とその子を見舞いに行った男子高校生の交流を描いた作品です。
交流の仕方は「君の膵臓をたべたい」に似てる、かな(;^^)。
そこに、男子高校生側の問題がつけ加えられているのはひねり、かな。

と、本題以外の色々な事を書いている、ということは・・・はいそうです。あまり記憶に残らなかった、ということで(;^^)。
作者さんの書きたいこととかも色々あるんでしょうし、その気持は汲み取れるんですが・・・。

さっ次行こっと。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 校閲ガール ア・ラ・モード 宮木あや子 | Main | レヴォリューションNo.3 金城一紀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で100ページくらい。全国に約120人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。

Posted by: つねさん | December 04, 2017 at 02:06 PM

次回はぜひ takoingさんが、レビュー大賞に応募してくれたらと思います。

Posted by: ジャランこ | November 29, 2017 at 09:32 PM

たしかにテーマ重そうですね。

Posted by: オサムシ | November 29, 2017 at 06:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66023889

Listed below are links to weblogs that reference 君は月夜に光り輝く 佐野徹夜:

« 校閲ガール ア・ラ・モード 宮木あや子 | Main | レヴォリューションNo.3 金城一紀 »