« 『アトミック・ブロンド』 | Main | 風の向こうへ駆け抜けろ&蒼のファンファーレ 古内一絵 »

『ボブという名の猫』

メサドン:鎮痛薬として1947年にアメリカで導入された。それ以来、麻薬依存症の治療に使用されるのが一般的となっている。

『ボブという名の猫』
201710

監督 ロジャー・スポティスウッド
出演 ルーク・トレッダウェイ/ボブ  

夢に破れてホームレスとなり、薬物にも溺れていた青年が一匹の野良猫との出会いを機に再生していく姿を描く、実話がベースのハートフルなドラマ。
猫のボブ役には実際のボブが出演。
ロンドンでプロのミュージシャンを目指すジェームズは、夢を果たせず、薬物に依存、家族にも見放され、ホームレスとしてどん底の生活を送っていた。そんな彼のもとに迷い込んできた一匹の野良猫。足をケガしていたその猫はボブと命名され、ジェームズはそんなボブを有り金をはたいて看病する。それ以来、いつも一緒に行動をともにするジェームズとボブ。そんな彼らの姿は次第に世間の注目を集めるようになり……。

[A Street Cat Named Bob/2016年/イギリス/103分/DCP]

***********************************
TVでドキュメンタリー特集を観たんですよね~。
で、映画見たかったら、千葉の街中、ミニシアターでやってたので行ってきました。

ミニシアターと言うとお洒落に聞こえるけど、昔からある映画館です。
昔はスクリーン1つの映画館って普通にあったよね~。
いつからか、「シネコン」という10スクリーン形式が一般的になったけど。

映画館はこんな感じ。ちょっとスクリーンが小さめ。
201710_bob

さて、作品はもう猫好きにはたまりませんね~。

ボブ本人(猫?)が出演しており、いやいや芸達者ですよ。

201710_bob2

ホームレスの主人公ジェームズに出会うシーンから一緒にお仕事に出かけるところ。
ボブの目線→低い位置からのカメラワークは「そっか、猫の目線でこんなに低いんだ」と改めて気づかせてくれます。
ボブはジェームズの靴で見分けているんだ~、って。

ストリートで歌うジェームズとボブを見守る人の中には、ボブの為にマフラーを作ってくれる人も。
201710_bob3

11歳とは思えない可愛さでしたわ(^o^)。

勿論応援する人もいれば、良く思わない人も。
わざと犬をけしかけたりする人も。
何度かくじけそうになるジェームズですが、更生に向けて頑張る姿に泣けてきますね。

我が家の猫はここまで賢くはないけれど、「こいつらの為に頑張らないと」と思いますので、「生き物の存在」と言うのは大きいですね。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『アトミック・ブロンド』 | Main | 風の向こうへ駆け抜けろ&蒼のファンファーレ 古内一絵 »

映画2017」カテゴリの記事

Comments

猫 飼ってみたいです。

Posted by: オサムシ | November 10, 2017 at 06:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65991078

Listed below are links to weblogs that reference 『ボブという名の猫』:

« 『アトミック・ブロンド』 | Main | 風の向こうへ駆け抜けろ&蒼のファンファーレ 古内一絵 »