« 君は月夜に光り輝く 佐野徹夜 | Main | 希望荘 宮部みゆき »

レヴォリューションNo.3 金城一紀

こちらも昨日に引き続きイベントの1つで紹介されていた本です。
読んだのは昨日同様レビュー締切後、だったけどね(;^^)。

「君たち、世界を変えてみたくはないか?」

レボリューションNo.3  金城一紀

読了です。

オチコボレ男子高に通い、死んだような毎日を送っていた「僕たち」は生物教師ドクター・モローの言葉で突如生き返り、世界を変えるために行動を開始する。その方法は―難攻不落のお嬢様女子高の学園祭に潜入してナンパをすること!果たして「僕たち」の潜入作戦は成功するのだろうか!?革命的おバカストーリーが炸裂する、ザ・ゾンビーズ・シリーズ第1弾。

**************************
まさか、シリーズになっているとは思いませんでした。面白かった~。

近所の女子校の学園祭に潜入する事に命をかける高校生の話、なんですが、ほんと「バカだよね~」って感じで腹抱えて笑いましたよ、はい。

1年目は出前作戦で混乱する教職員をすりぬけようとするが混乱したせいで救急車等に迷惑をかけた、と言うことでいま一つ。
2年目は「ええじゃないか」を踊りながらすり抜けようとするがう~ん。
そして高校3年最後の年。彼らは無事学園祭に潜入できるか?が主題。

そこに板良敷の事があったり・・・。3年目の潜入シーンはもう笑ってるのか泣いてるのか分からない状態になっとりました。

いやぁ、このメンバー最強ですね!
仕事を斡旋するアギーとか語り部となる南方、実質的リーダーの板良敷・・・。
あ、最弱のヒキを持つ山下くんを忘れちゃいけんな(;^^)。
この山下くん、最高でしたよ。あまりにも運がなさすぎて、ヒキまくり。

↑の潜入シーンの「笑ってる」は山下くんのせいですよ、うん。

その後の「沖縄旅行」にまつわるお話も良かったし、「ゾンビーズ」が活躍する話も面白かった。

キケン」を思い出しちゃいました。(2011年に紹介してますのでもう6年も前ですよ。なのに鮮やかにあの世界が広がる、そんな作品もあるんですよね。)
今作品ではグループは「ゾンビーズ」という名前になってますが、いずれも良い仲間やのぉ。

この本は購入かな。何度となく読み返したくなる作品ですね。
あ、シリーズになっているそうなんで、続きを読まないと。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 君は月夜に光り輝く 佐野徹夜 | Main | 希望荘 宮部みゆき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

沖縄 最近行ってないので、
行きたくなりました。

Posted by: オサムシ | November 30, 2017 at 06:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/66023952

Listed below are links to weblogs that reference レヴォリューションNo.3 金城一紀:

« 君は月夜に光り輝く 佐野徹夜 | Main | 希望荘 宮部みゆき »