« 文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代 朝霞カフカ | Main | 文豪ストレイドッグス 55Minutes 朝霞カフカ »

文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話 朝霞カフカ

今週はこのシリーズ祭り、ですな(;^^)。

文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話 朝霞カフカ



今から十余年前、横浜で用心棒として名を馳せる銀髪の一匹狼がいた。その名は福沢諭吉。彼は妙な成り行きから、傍若無人で破壊的に人の話を聞かないが、超天才的な推理力を持つ少年・江戸川乱歩の面倒を見るはめに。
警護のため福沢たちは殺人予告のあった劇場へ赴くが、殺人は劇の舞台上で、見えない何者かの手によって引き起こされて…!?武装探偵社始まりの物語と、中島敦入社前夜の探偵社の様子を描く、豪華2本立て!!

***********************************

この探偵事務所、たくさんの文豪(;^^)が働いています。
社長は福沢諭吉。太宰治に国木田独歩、宮沢賢治に与謝野晶子、江戸川乱歩に谷崎潤一郎で中島敦、泉鏡花、と。
名前だけは知ってるぜぃ、って感じですよね。

ちなみに昨日のマフィアの方は、ボスが森鴎外で幹部に尾崎紅葉に中原中也。芥川龍之介に梶井基次郎。他にも「広津柳浪」や「立原道造」ってのがいますが、この2名は存じ上げませんでした(゜∇^*) テヘ♪。

こちらは”本筋”の舞台となる「探偵事務所」がどうして設立されたのか?がメインのお話です。
十余年前の出来事、って事で、江戸川乱歩氏なんか14歳の少年で出てきます(福沢諭吉は32歳で)。本筋では乱歩氏が26歳になってますのでねぇ。
ちなみに太宰氏は事務所に入って2年半程の22歳(本筋のキャラさんは大体10代後半から20代)。

14歳と32歳がどう出会って、どうしていったのか?読んでて疲れました~。
頭が良すぎる人って説明しないよね。なんでだろ?と思うことありましたが、これ読んでなんか納得。乱歩曰く「僕ごときが気づくんだから、大人は皆知ってるものだと思ってた」。
こういう人を書くのも大変だなぁ、作者サン、ご苦労様、って感じ。

本筋ではこの探偵事務所の設立について、とかもう1編入ってる「入社試験前夜」なんかははっきり書かれていないのでこれを読まなくても問題はないのかな。漫画から入った人は「文章読みたくない」って人もいるだろうし。

ただ私の場合、アニメも途中から、漫画より小説から、と全て横道から入ってる(;^^)だけに、結構楽しめました。おかげでキャラへの印象が漫画から入った人とは全然違うんでしょうけどね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ 

|

« 文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代 朝霞カフカ | Main | 文豪ストレイドッグス 55Minutes 朝霞カフカ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

文豪だらけですね。

Posted by: オサムシ | October 04, 2017 at 06:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65734914

Listed below are links to weblogs that reference 文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話 朝霞カフカ:

« 文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代 朝霞カフカ | Main | 文豪ストレイドッグス 55Minutes 朝霞カフカ »