« 『東京グール』 | Main | 『ワンダーウーマン』 »

『三度目の殺人』

弁護士、殺人犯、被害者の娘。
ある殺人が、私たちをつないだ・・・。

『三度目の殺人』

201708

メディア 映画 上映時間 125分 製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝=ギャガ) 初公開年月 2017/09/09
監督: 是枝裕和

勝ちにこだわるエリート弁護士の重盛朋章は、同僚がサジを投げた依頼人・三隅高司の弁護を渋々ながらも引き継ぐことに。三隅の容疑は、解雇された工場の社長を殺害し、遺体に火をつけたというもの。30年前にも殺人を犯した前科があり、自白もしているため死刑は確実と見られていた。
さっそく重盛は無期懲役に持ち込むべく調査を始める。ところが、肝心の三隅は証言をコロコロ変え、味方であるはずの重盛にも決して本心を語ろうとしない。そんな中、三隅と被害者の娘・咲江との意外な接点を突き止める重盛だったが…。

*******************************

上映時間の関係で公開してすぐ見に行きました。
あらすじとかもほとんど分からなかったけど、
役所広司さんだもん、見逃せないかな、と。

が、う~ん・・・、微妙。
割りと早めに展開の予想がついてしまい、「まさかな」と思ったらそうだった・・・。思わせぶりすぎたような(;^^)。

それでもたっぷり2時間の作品を見続けたのは役所さんの怪演。
実は違うのではないか?判断しきれず引きづられ続け、って感じ。

あらすじの「勝ちにこだわるエリート弁護士」。ん??結構疑問。
エリートな割に、古ぼけた建物にある個人の弁護士事務所。
弁護士は当人と「イソ弁」に事務の女性だけ。
エリートな割に良い服着てる!って程じゃないし(;^^)。

時に、福山さん、語調が弁護士ぢゃないっす・・・。
舌足らずなのか、ところどころで滑舌が悪く。
「う~ん、エリート?(;^^)」と、はなはだ疑問。

今回の作品で思ったのが「司法システムって面倒くさい」って事。
事前に弁護側と検察側と、裁判官で事案のすり合わせをするんです。
で、結構難しい言葉で「××は主張しないんですね」とか、「○○はどうですか?」「然るべく」とかってやるんだけど、知らなかった事ですわ。

まぁそこら辺が海外で受けるか、っていうと違うかなぁ~。
「それでも僕はやってない」のように日本の司法制度の特長や問題点、殺人とその裁きについて、などどこをどう訴えたいのかイマイチ見えづらかったかなぁ。

最後も「これ!」と言うはっきりしたものが在るわけではなく、なんとなくこうかなぁ、位の微妙さを感じてしまい、すっきりしなかった~。
うん、ちょっと勿体無い、かな。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『東京グール』 | Main | 『ワンダーウーマン』 »

映画2017」カテゴリの記事

Comments

福山さんが出ているのはあまり知られていないのかな
私が知らないだけでしょうか(ヘ。ヘ)

Posted by: セイレーン | September 21, 2017 at 08:33 PM

そうは言っても観てみたいような内容です。笑。

Posted by: mahalobunny | September 15, 2017 at 06:54 AM

こちらも見てないです。

Posted by: オサムシ | September 15, 2017 at 06:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65787298

Listed below are links to weblogs that reference 『三度目の殺人』:

« 『東京グール』 | Main | 『ワンダーウーマン』 »