« ラストレシピ 麒麟の舌の記憶  田中 経一 | Main | 千葉のご当地キャラ »

また、同じ夢を見ていた 住野よる

しっあわっせはー、あーるいーてこーない、だーかーらあるいーていくんだね
なー

また、同じ夢を見ていた 住野よる

読了です。

友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女、一人静かに余生を送る老婆。 彼女たちの“幸せ"は、どこにあるのか。「やり直したい」ことがある、“今"がうまくいかない全ての人たちに送る物語。
************************************

君の膵臓をたべたい」の作家さんの作品です。
ある女の子が主人公。ちょっと変わった小学生。
思ったことは口に出し、男の子にも負けない。
同級生からはちょっと距離をおかれ、友達は黒猫。

そんな彼女がある日学校で出された課題。
「幸せとは何か」
彼女は学校での問題に立ち向かう一方で、
知り合った女性たちとの交流を通して、
答えを考えていく。

「幸せとは何か」
これは難しいお題ですよね?
「ちょっとした幸せ」なら幾つでも出てきますけどね。

朝、目が覚めて「あ、あと30分眠れる」と思うこと。
電車の乗り継ぎがうまくいった時。
暖かいお風呂に入った時。
猫が頭を押し付けてきてる時・・・
単純ですな(;^^)

でも、「幸せ」となると、どれもちょっと「小物」??
私としてはこういうちょっとしたものの積み重ねで
「幸せ」としたい処なんですけどね。

彼女は最後に答えを出します。

自分がここにいていいって、認めてもらえることだ。(許されること誰かのことを真剣に考えられるということだ。

小学校の同級生はこう答えます。
僕の絵を好きだって言ってくれる友達が、隣の席に座っていること

作中の老女はこう答えます。
今、私は幸せだったって、言えるってことだ

さて、あなたの答えは?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ラストレシピ 麒麟の舌の記憶  田中 経一 | Main | 千葉のご当地キャラ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

幸せの度合いって感謝の度合いと比例しているように思います。
同じことでも幸せと思える人もいれば、文句を言う人もいる・・・。
その人の捉え方なのではないでしょうか?

Posted by: mahalobunny | September 09, 2017 at 12:14 AM

幸せとは何か たしかに難しいですね。

Posted by: オサムシ | September 08, 2017 at 06:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65670918

Listed below are links to weblogs that reference また、同じ夢を見ていた 住野よる:

« ラストレシピ 麒麟の舌の記憶  田中 経一 | Main | 千葉のご当地キャラ »