« 猫語のノート ポール・ギャリコ | Main | ラストレシピ 麒麟の舌の記憶  田中 経一 »

世界の猫の民話

「猫つづき」で、本日はこちらの本を紹介します。

世界の猫の民話
日本民話の会 外国民話研究会 (翻訳)

読了です。

誇り高く自由気ままでどこか不気味な存在感をただよわせる動物―猫。
世界各国の神話・伝説・昔話から民間伝承までを広く集成、分類。
ほか親類である虎の話もあわせて収録。

********************************
日本民話の会 外国民話研究会、という団体があるんですね。
日本の民話と言うと「にほんむかしばなし」、
外国の民話と言うと「グリム童話」ってところですかね。

この本には世界各国の民話、それも猫にまつわるお話が集録されています。
章立てされており、例えば

・最初の猫由来の話 中国 アイルランド アルメニア
・あの猫は私だった 魔女と猫 フランスドイツ
・こわい虎と猫 ベトナム ロシア
・人を助ける虎と猫 インド 韓国
・魔的な猫  イギリス リトアニア ブラジル
・動物たちのつきあい  ウクライナ モロッコ モザンビーク ラトビア
・猫さまざま  スペイン ナチェズ(米)

というように、中には聞いたことのない地名も。
アルメニアやラトビア、リトアニアといった希少な感じ。

お話はどれも短編に近いお話です。
猫が味方だったり敵だったり、と色々立場が違うので、
読み比べてみると面白いと思いますよ。

さて、我が家の猫はどっちなんだろう??S_6652308129497a

結構動きや寝姿がシンクロする二匹(;^^)。
左がメイ(5月)、右がハル(春)、です。
6ヶ月を過ぎて大きく&重くなりました。
そろそろ手術だなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 猫語のノート ポール・ギャリコ | Main | ラストレシピ 麒麟の舌の記憶  田中 経一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

丁寧な対応で、メールの返信も親切で助かりました。
また、機会があれば利用したいです。
☆新品同様☆ ★ルイヴィトン★パンス・クラヴァット・グルーブ★ネクタイピン/アクセサリー★M66699★
程よい存在感
思っていたより小ぶりで、ルイヴィトンと言うのも言わないとわからないかもしてません。
思いっきりるをアピールしたい人には物足りないかもしれませんが、私のコンセプトとはピッタリで、程よい存在感です。
スーパーコピー hublot ワールドカップ https://www.well-copy.com/product/detail-13367.html

Posted by: スーパーコピー hublot ワールドカップ | December 23, 2020 10:04 AM

涼しいところで寝ているのでしょうか

Posted by: セイレーン | September 07, 2017 10:37 PM

おうちでくつろいでいるニャンコが
可愛いですね。

Posted by: ジャランこ | September 06, 2017 10:52 PM

猫 大きくなりましたね。

Posted by: オサムシ | September 06, 2017 06:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界の猫の民話:

« 猫語のノート ポール・ギャリコ | Main | ラストレシピ 麒麟の舌の記憶  田中 経一 »