« 時をかける眼鏡 椹野道流 | Main | うーん。 »

時をかける眼鏡2~ 椹野道流

昨日紹介した作品の「続」です。2017年4月現在、5巻迄刊行しております。

2巻:新王と謎の暗殺者
3巻:眼鏡の帰還と姫王子の結婚
4巻:王の覚悟と女神の狗
5巻:華燭の典と妖精の涙   読了です。
****************************************

昨日の1巻で、皇太子にかけられた殺人の疑いを晴らしたアスマ。
いつ元の世界へ帰れるか分からないので、王室に仕える鷹匠のクリストファーの小屋に同居させてもらい、この世界の色々を学ぶことに。

2巻で新王ロデリックの即位式の夜、招待客である外国の要人が不審な死を遂げた。早急に犯人を見つけ出さなければ王室の信用にかかわる、ということでアスマは真相究明に乗り出す。

3巻で今の生活にも慣れてきた矢先、姫王子ヴィクトリアの結婚話が。大国アングレからの申し入れだから、断るのは難しい。だが簡単に受け入れるわけにもいかない…。

4巻で、姫王子の輿入れに同行したアスマとクリストファーに国から「急ぎ帰国せよ」と連絡が。王の治世に不満を持った女神が国を滅ぼすために遣わすという伝説の狗による事件が相次いでいると言う・・・

5巻で、姫王子に結婚を申し入れた大国の王が難癖をつけてくる。姫王子が輿入れした先の皇太女キャスリーン(4巻でアスマらにくっついて家出)を披露するパーティーを開き、交渉させようとするが、大国は伝説の宝物「妖精の涙」を所望する・・・

と、地続きでお話は続いております。
3巻で元の世界に一度帰ったんですよ。ところがそのタイミングが悪かった。
帰ったけど気になって結局戻ったんですよね。
今度はいつになるか分からないのに。

今シリーズは現代と過去の医療や法医の違いだけでなく、生活全般の違いについても描写されています。
食事や衣類などはもちろんですが、命についての考え方なども比較しています。

現代のようにコンビニがある訳じゃなし、音楽が手軽に聞けるわけじゃなし、そもそもTVもなければ電話もない・・・。
そんな世界での生活が思いの外気にいったアスマ。
次回はどんな事件に巻き込まれるのか?乞うご期待、って感じです。

4月に刊行されたこちらの作品。我が市図書館では1冊のみの購入。おかげで手元に来るのに4ヶ月かかりました(;^^)。買え、って事ですかね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 時をかける眼鏡 椹野道流 | Main | うーん。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

シリーズ化されているんですね。

Posted by: オサムシ | September 21, 2017 at 06:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65809032

Listed below are links to weblogs that reference 時をかける眼鏡2~ 椹野道流:

« 時をかける眼鏡 椹野道流 | Main | うーん。 »