« 貴族探偵エドワード01 椹野道流 | Main | 貴族探偵エドワード03 椹野道流 »

貴族探偵エドワード02 椹野道流

はい、続きましての貴族探偵エドワードシリーズの第2弾、です。

05琥珀の扉をひらくもの(2007年6月)

最年少キャラのマイカ追加。そして継続中の先輩ネタの為、キャラ1名行方不明で続巻へ続く。

06瑠璃の涙を流すもの(2007年10月)

前巻の行方不明にもう1名追加。魔物の血を持つ謎多き少女・ルーティル追加で、02巻から続く先輩との対決に 

07濃藍の空に躍るもの(2008年3月)

巷で大評判の義賊、怪盗ヴィオレとの対決。06巻で決着ついた先輩復活。仲間2人追加。

08紅蓮の炎を狙うもの(2008年8月)

エドワード兄、抜き打ち訪問、06巻での元凶スカーレットの痕跡(=変死事件)を追うことに。

**************************
さくっとあらすじを紹介しました(;^^)。
探偵さんなんですが、前半のメインイベントだった先輩との対決から、元凶になった魔物を追いかけつつ、街を騒がす怪盗との対決へ、と色々な事に巻き込まれております。

そして、07巻ではチノという(日本だよなぁ)国から来た外国人2人が仲間として増え、段々収拾がつかなくなってきたような(^o^)。
1巻開始当初は2人、ここに1人増え3人に。そこから1人、2人と増えてきて、08巻終了時には9人の大所帯に。こうなるとチーム、ですよね。

中には人間じゃないような人もいたりして、その描写が可愛らしい。
真っ白のリスのような容貌ですが(08巻表紙絵に小さく姿有り)、中身は人間ですので、毒舌はきまくり、でも姿が追いついてない、とほとんど内輪ネタのようなもので盛り上がってました。

しかし思いっきり、な表紙絵ですよね(;^^)。
こちらも挿絵があり、通勤中に読んでいて「あ、次は挿絵がある」と思うとめくるのをちょっとためらったり・・・。

それでも現実を忘れられて(^o^)。読んでる時は思いっきり浸れますからね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 貴族探偵エドワード01 椹野道流 | Main | 貴族探偵エドワード03 椹野道流 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

通勤でこの表紙絵をカバンから出すのはちょっと勇気がいるカモ。
それほどおばちゃんに関心ないとは思いつつ。

Posted by: ジャランこ | August 08, 2017 at 08:47 AM

たしかに表紙絵 特徴的ですね。

Posted by: オサムシ | August 08, 2017 at 06:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65625474

Listed below are links to weblogs that reference 貴族探偵エドワード02 椹野道流:

« 貴族探偵エドワード01 椹野道流 | Main | 貴族探偵エドワード03 椹野道流 »