« 『LOGAN-ローガン-』 | Main | 22年目の告白-私が殺人犯です- 浜口 倫太郎 »

『ハクソー・リッジ』

「ハクソー・リッジ」とは
沖縄戦において、浦添城址の南東にある「前田高地」と呼ばれた日本軍陣地。北側が急峻な崖地となっており、日米両軍の激戦地となったことから、米軍がこの崖につけた呼称(Hacksaw=弓鋸)である。

ハクソー・リッジ(2016) HACKSAW RIDGE

201706_hacsaw_ridgep

メディア 映画   上映時間 139分
製作国 オーストラリア/アメリカ  
公開情報 劇場公開(キノフィルムズ)
初公開年月 2017/06/24

アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。
しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。
それでも決して信念を曲げないデズモンドは軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。
こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが…。

***************************

TVで「沖縄戦ということをアピールしていない映画」と取り上げられていて興味を持ち行ってきました。

戦争というよりも、デズモンドの立場-良心的兵役拒否-に焦点があてられています。
誰もが銃を手にとり、戦争へと赴く中、彼だけは訓練さえも拒否し、除隊勧告をされ、裁判で負ければ有罪→投獄となりそうに。

デズモンドはセブンスデー・アドベンチスト教会という、米国内でも少数派の急進的なプロテスタント系の宗派だったそうです。
土曜日を安息日(=キリスト復活の日)とするもので、聖書の十戒を厳格に守るということだそうですが、映画ではどちらかと言うとデズモンド個人の信念を重視した書き方になってました。

彼ら96師団が向かう前から前田高地の攻略挑戦はされており、彼らの前の隊は6回アタックして6回とも失敗、最後には隊を構成でき無いほどの人数になってしまった、という過酷なものだったと。

艦隊から爆撃し、その後崖に取り付けたネットをよじ登る。登った後、銃撃戦を経てそこで一晩明かす事に。ところがそこへ熾烈な反撃を受け、動ける人間は撤退を余儀なくされる、負傷者をその場に残して・・・。

そこに残ったデズモンド。彼は負傷者を見捨てて逃げる事ができなかった・・・。
一人、また一人とネットまで引きずっていき、ロープで降下させる。手はロープで擦り切れ、食欲もないまま、彼はつぶやく。
―Please lord, help me get one more―
(神様、あと一人、どうかあと一人だけ救わせて下さい)

途中、日本兵に見つかりそうになりながら逃げ回り、彼らが移動に使っていた地下壕で日本兵を助けたりしながら、味方を安全圏へ下ろし続けたのです。

崖の下には数名の見張りを残すのみ。そこへ次から次へと負傷兵が降りてくる。「誰かがいるみたいです」「誰だ?」「さぁ?」
なんか呑気な感じ?と思いつつ・・・。
一足先に撤退した師団の兵が負傷者の中に見知った顔を見かける。
「どうやって助かった?」「ドスですよ。あいつが救ってくれた」

武器を持たず、戦場を走り回り応急処置をして下ろしていく。すごい、すごいですっ。
そうやって彼が救出した負傷兵は75名。日本人兵も2名ほどいたそうです。「亡くなりましたけどね」とあっさり他の兵士は言ってましたけど。

再度アタックする時には「明日は安息日なのはわかっている。でも俺達はお前と行きたい」と。当日は彼の祈りが終わるまで全員が待ち、再度の攻撃。
飛んできた手榴弾を蹴り飛ばそうとして吹き飛ばされ、ドスは負傷しますが、救出任務を評価され、良心的兵役拒否者としては初めて表彰されたそうです。

なんかね~もうダーって涙出ましたよ。
訓練の時には「ヤツは銃を持たずに戦場に行こうとする臆病者だ。そんなやつを信用して良いのか?」なんていじめてた訳ですよ。
うん「男は黙ってサッポロビール」みたいな(;^^)。

戦争シーンはとにかくすごかった。最初の攻撃時、爆弾を受けた死体があちこちに転がってる訳です。それをカメラがなめるように撮っていく・・・。
「ん?これ何??あ・・・」って「これ」が「人」だと認識できないような状態。
でもそういうものよりもドスの救出の模様が熱い。

長めの上映時間ですが、良かったです。戦争が良いとかではなく、こういう戦い方もあるんだな、と彼を題材に選んだメル・ギブソン監督、素晴らしいっす。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『LOGAN-ローガン-』 | Main | 22年目の告白-私が殺人犯です- 浜口 倫太郎 »

映画2017」カテゴリの記事

Comments

戦争系はつい見てしまうのですが、
こちらは見てないです。

Posted by: オサムシ | July 12, 2017 at 06:29 AM

映画お好きなんですね☆

Posted by: arles | July 12, 2017 at 02:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65510262

Listed below are links to weblogs that reference 『ハクソー・リッジ』:

« 『LOGAN-ローガン-』 | Main | 22年目の告白-私が殺人犯です- 浜口 倫太郎 »