« 負けるな、夏! | Main | バチカン奇跡調査官シリーズ6~10 藤木稟 »

バチカン奇跡調査官シリーズ1~5 藤木稟

この夏、TVアニメがスタートした、と言うことで、
読了してないけど、とりあえず紹介していきます。

バチカン奇跡調査官シリーズ 藤木稟 1~5

読了です。

天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。2人は良き相棒にして、バチカン所属の『奇跡調査官』―世界中の奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官。

1.黒の学院
修道院と、併設する良家の子息ばかりを集めた寄宿学校でおきた『奇跡』の調査のため、現地に飛んだ2人。聖痕を浮かべる生徒や涙を流すマリア像など不思議な現象が2人を襲うが、さらに奇怪な連続殺人が発生し―。
2.サタンの裁き
2人が新たに挑むのは、腐敗しない死体の謎!天使の奇跡か、悪魔の罠か…。
3.闇の黄金 
イタリアの小村の教会から申告された『奇跡』の調査。教会に角笛が鳴り響き虹色の光に包まれる不可思議な『奇跡』
4.千年王国の調べ 
バルカン半島のルノア共和国から調査依頼。聖人の生まれ変わりと噂される若き司祭・アントニウスが、多くの重病人を奇跡の力で治癒したうえ、みずからも死亡した3日後、蘇ったという 
5.血と薔薇と十字架 
英国に奇跡調査に。帰り道で自動車事故にあい、しばらく田舎町に滞在することに。だが、公爵家の領地であるその町には古くから、吸血鬼が徘徊しているという噂が・・・。

******************************
シリーズ物で現在13巻(だったかな?)出てます。
今までなら一日で紹介しちゃってたんですが、最近こういうシリーズ物ばかり読んでおり、一挙紹介しちゃうと大変なもんで(;^^)。

タイトル通り「バチカン」の神父さんが主役です。
日本人の平賀とイタリア人のロベルト、がコンビになってバチカンに持ち込まれる「奇跡」を調査し認定する、という形式です。
この2人が「奇跡」を超自然的なものか、科学で証明できるものか現実的に調査し、謎を解こうとします。

平賀は医学博士であり理数系研究者、ロベルトは古文書解読等の文系研究者。
平賀は一度夢中になると寝食忘れる人、ロベルトは食事を愛する人。
平賀は天然ボケ度高し、ロベルトは面倒見良し、
うん、結構正反対ですね。その対比差がなかなかおもしろいです。

神父様にバチカン、科学者に暗号解読と来るので、かなり難しい説明もあり、読み解くのが結構大変(;^^)。時間はかかりますね。でもまぁ2人の掛け合い漫才を楽しむだけで読んでいるような処も無きにしもあらず。

じっくり&ゆっくり読める時にどうぞ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 負けるな、夏! | Main | バチカン奇跡調査官シリーズ6~10 藤木稟 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

バチカン また行ってみたいです。

Posted by: オサムシ | July 25, 2017 at 06:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63514057

Listed below are links to weblogs that reference バチカン奇跡調査官シリーズ1~5 藤木稟:

« 負けるな、夏! | Main | バチカン奇跡調査官シリーズ6~10 藤木稟 »