« 十二人の死にたい子どもたち 冲方丁 | Main | 鎌倉不動産のあやかし物件 安東あや »

40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい 成毛眞

会社から一歩外に出れば、自分はただのオジサンである。

40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい 成毛眞

読了です。

過労死、長時間労働、うつ、ブラック企業……、日々途切れることなく報道される仕事関連の事件・事故。 日本の成長を支えてきた「会社人間」「モーレツ社員」的な働き方・生き方が見直されつつある今、私たちはこれからどう働き、どう生きるべきか。
「全力で働かない」「ムダに悩まない」「遊びに夢中になれ」「家族を大切にせよ」・・・。成毛眞流「脱・社畜のすすめ」。

***********************************
かなり衝撃的なタイトルで、つい借りちゃいました。
筆者「成毛眞」氏は元日本マイクロソフト代表取締役社長。
1955年生まれなので、今62歳ですね。

「65歳定年制」や「資産運用」、「老後生活」に「デフレの恩恵」・・・。
今世の中は様々な出来事が起こり、それに振り回されているのが「会社員」、すなわち「我々」です。

65歳まで働ける=嬉しい?嬉しくない??
企業によっては生涯年収はさほど変わらず、労働時間が増えるだけ、なんて事もある。
資産運用=老後の資金を少しでも増やす
経済の仕組みを知っているならいざ知らず、丸腰素人が太刀打ちできるか?
老後生活=会社の後ろ盾は何もない

ミドルエイジ(40~60歳)の現状をこてんぱんにこき下ろしでおり、
「40歳を過ぎた時点で部長になっていなかったら。その先の出世はない」とも。
「ここまで言うかなぁ」って最初は思いましたけど(;^^)、確かにそうなんだよね。

私が勤める会社にあてはまる事柄多し(;^^)。
収入の面、定年退職後の継続雇用の件、労働時間や労働内容の件等々。
更に、中間管理職のストレスと激務。
今勤める企業にどこまで尽くせるのか?尽くした後、待ち受けるものは?

そう考えると、筆者の「そこでこうしよう」がス~っと入ってきました。
日本のサラリーマンの9割は仕事に全力を注ぐ必要はない、と。
ミドルエイジは◇未来がない◇ハングリーではない◇冒険心がない◇体力がない◇記憶力が弱い◇感性が鈍い◇ずるい のだから・・・。

この最後の7つは弱点でもあり武器でもある、と言うことがこの本を最後まで読むとわかってきます。この通りにはできないかもしれないですが、心にとめておこうとつくづく感じました、はい。

皆さん、来週からは定時で帰ってくださいね(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 十二人の死にたい子どもたち 冲方丁 | Main | 鎌倉不動産のあやかし物件 安東あや »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

無理をしていると、やはり身体の具合が悪くなるとかいろいろありますよね。

Posted by: セイレーン | April 17, 2017 at 10:24 PM

定時で帰りたいですが、できないですね。

Posted by: オサムシ | April 14, 2017 at 06:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/65019335

Listed below are links to weblogs that reference 40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい 成毛眞:

« 十二人の死にたい子どもたち 冲方丁 | Main | 鎌倉不動産のあやかし物件 安東あや »