« 自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太 | Main | マカロンはマカロン 近藤史恵 »

いまさら翼といわれても 米澤穂信

ああ 願わくは 我もまた
自由の空に 生きんとて
籠の鳥をば 解き放つ

いまさら翼といわれても 米澤穂信

読了です。

◇箱の中の欠落 焼きそば・ラーメン・投票箱
◇鏡には映らない 卒業制作・鏡・ヒーロー
◇連峰は晴れているか ヘリ・古い新聞記事・無神経
◇わたしたちの伝説の一冊 漫研・同人誌・投稿
◇長い休日  調子が良い・モットー・掃除
◇いまさら翼といわれても 合唱・未来・進路案内

*****************************
古典部シリーズ」というものを紹介したのが1年前。
最新作が出ましたので、早速借りてみました。
2008年頃から2016年迄に渡って発表された作品短編集です。

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーとする“省エネ”少年・折木奉太郎と古典部の面々が出会う日常の謎。
なぜ、彼が↑のセリフを言うようになったのか?「長い休日」を読むと分かります。
そっか、ほー太郎も苦労したんだね、って。

「鏡には映らない」は、結構ブラックです。まさかそんな悪知恵を働かせるヤツラがいるとはね、って感じ。中学時代って結構残酷よね。
でもホー太郎、カッコイイじゃん(^o^)。

そして表題の「いまさら翼といわれても」。これは「野性時代」に掲載される!と言う記事を読んで本屋に行ったら「後半」だけ読めた_| ̄|○。
これは後半だけ読んでも意味ないじゃん、と(;^^)。

この「いまさら~」は若者にはぜひ読んで欲しいなぁ。
今どき??って思うかもしれないけど、今でもありますよ、こういうの。
で、こういう思いを抱く人もいるんだって知ってほしい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太 | Main | マカロンはマカロン 近藤史恵 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

いろいろあるような本ですね。

Posted by: オサムシ | March 02, 2017 at 06:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64755450

Listed below are links to weblogs that reference いまさら翼といわれても 米澤穂信:

« 自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太 | Main | マカロンはマカロン 近藤史恵 »