« 東京會舘とわたし 辻村深月 | Main | 水鏡推理5 ニュークリアフュージョン 松岡圭祐 »

困った! どうする? 店長2万人のクレーム解決術 外食相談研究会

「レジ担当者の態度が悪い! 」
「どれだけ待たせるんだ! 」
「注文したものと違う! 」
「うるさい客を注意しろ! 」
「食後、腹が痛くなった! 」
「料理に石が入っていた! 」
「料理で服が汚れた! 」
「誠意を見せろ! 」・・・

困った! どうする? 店長2万人のクレーム解決術 外食相談研究会

読了です。単行本 – 2016/12/23

飲食店では日々、数多くのクレームが発生するが、一つ対応を間違えると、大きなトラブルに発展しかねない。事を穏便に収め、クレーム客に納得してもらうにはスタッフはどう対応すればよいのか。外食チェーン大手28社の店長とお客様相談窓口担当者が実際に寄せられた豊富な実例を基に練り上げたクレーム解決術の最新版

*********************************

会社は流通小売業。
お店で勤務しているスタッフはお客さん相手に毎日大変。
私は会社では事務員さんなので、そういう苦労はないんですが、
新聞で見かけて興味を持って借りてみました。

最近の動向としては「お客様は神様、ではない」ようです。
一時期病院で「~様」と様づけで呼び始めたところ、患者さんがどんどん横暴になっていき、「~さん」に戻したところ横暴さがなくなった、と言う記事を読みました。

なんだろ。「下手に出るとつけあがる」のが普通になってんのかしら?
相手が無駄に下手に出ると、余計な感情が出やすいのは分かるけど。
客側にしてみれば、クレームのつもりじゃないんですが、そうなってしまうってのもなんか気持ち悪いのよね。

最近じゃ接客とかストレスがたまりやすい仕事は敬遠されるそうですね。
あ、でも運送業も敬遠されてるみたいだし、う~ん・・・。
色々な事例がのっているんですが、最近はこれらを上回るクレームも存在しつつあり、お仕事全体がなんか過渡期に来ているような気がしてきちゃった。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 東京會舘とわたし 辻村深月 | Main | 水鏡推理5 ニュークリアフュージョン 松岡圭祐 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

飲食店の場合 忙しそうだと
片方けなどを手伝いたくなります。

Posted by: セイレーン | April 01, 2017 at 10:36 AM

クレーム対応 本当大変ですね。

Posted by: オサムシ | March 30, 2017 at 06:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64915392

Listed below are links to weblogs that reference 困った! どうする? 店長2万人のクレーム解決術 外食相談研究会:

« 東京會舘とわたし 辻村深月 | Main | 水鏡推理5 ニュークリアフュージョン 松岡圭祐 »