« 一○一教室 似鳥鶏 | Main | 『バイオハザード ザ・ファイナル』 »

シャーロック・ホームズの十字架 似鳥鶏

名探偵の遺伝子を守るため、兄妹は不可能犯罪に挑む!

シャーロック・ホームズの十字架 似鳥鶏

読了です。

世界経済の鍵を握るホームズ遺伝子群。在野に潜む遺伝子保有者を選別・拉致するため、不可能犯罪を創作する国際組織――「機関<シンクタンク>」。
保有者である妹・七海と、天野直人は彼らが仕掛けた謎と対峙する!

1強酸性湖で泳ぐ  山中・湖・十字架
2争奪戦の島  灯台・転落死・風船
3象になる罪 天狗・距離・砂浜

***********************************

以前読んだ「シャーロック・ホームズの不均衡」の続編です。
「名探偵の遺伝子群」を持つ人を確保すべく動く組織と彼らの保護の為に動く組織との攻防を描く作品の第2弾です。

シーズン1の主役の兄妹。残念ながら妹がその遺伝子群を持ち、発症してしまった為、このままでいくと組織に捕まって、薬で無理やり脳みそ使わされて、廃人になってしまう・・・。
そこで、保護目的の組織と出会い、敵対組織と戦うことになります。

今回も相変わらず確保(拉致?奪取?)しようとする組織は保有者予備軍を一箇所に集めて、一見不可能に見える事件を起こします。
謎を解こうとする保有者達・・・。
1の兄妹らは、彼らより先に事件を解決し、保有者らが発症しないようにし、保護しようと奮闘する訳です。

どれもこれも「不可能過ぎる」って感じの事件です。
似鳥氏は学園シリーズが印象に強く、学校という限られた中ならば、描写から想像できるんですが、今回のは舞台が想像しずらかったです(;^^)。
突拍子もない設定すぎるのもあるからね~。

そして徐々に明らかになる細かい設定・・・。
が、今回はまだまだ途中。先はまだ読めないです。
どう落ち着くのか知りたいですね~。楽しみです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 一○一教室 似鳥鶏 | Main | 『バイオハザード ザ・ファイナル』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

いろいろシリーズがあるんですね。

Posted by: オサムシ | February 03, 2017 at 06:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64711131

Listed below are links to weblogs that reference シャーロック・ホームズの十字架 似鳥鶏:

« 一○一教室 似鳥鶏 | Main | 『バイオハザード ザ・ファイナル』 »