« 『ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー』 | Main | 『ザ・コンサルタント』 »

『沈黙 サイレンス』

なぜ弱きわれらが苦しむのか・・・
江戸初期、キリシタン弾圧下の長崎・・・

『沈黙 サイレンス』

201701_silencep

監督 マーティン・スコセッシ
出演 アンドリュー・ガーフィールド 他
原作 「沈黙」遠藤周作
上映時間 162分
製作国 アメリカ/イタリア/メキシコ
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2017/01/21

17世紀、江戸初期。
日本で布教活動を行っていた高名なポルトガル人宣教師フェレイラが、キリシタン弾圧を進める幕府の拷問に屈して棄教したとの知らせがローマに届く。
早速、弟子のロドリゴとガルペが真相を確かめるべく日本へと向かい、マカオで出会った日本人キチジローの手引きで長崎の隠れキリシタンの村に潜入する。

そして村人たちに匿われ、信仰を通じて彼らと心を通わせていく。やがてロドリゴたちの存在は、狡猾にして冷酷な手段を駆使して隠れキリシタンをあぶり出しては、彼らに“転び(棄教)”を迫る長崎奉行・井上筑後守の知るところとなり…。

****************************************
歴史の授業で長崎で行われていた思想統制、「踏み絵」や「転び」、天草四郎による反乱などは知ってはいました。

知ってると知るのは違うんだなぁ、とつくづく思いました。
あの頃は受験の知識として覚える為、読み物のような感覚で、記憶にとどめているだけでした。
ところが、今回この映画を観て、1つの事柄の裏に千の出来事が、千の思いが詰まっている事を腹の底でじっくりとずっしりと認識した、って感じ。

そういや日本って、史実を書き換えたり、宗教統一したり、と人民を統治する為に昔からありとあらゆる事をやってたんだっけ(;^^)。
そりゃ異人が持ち込んだ宗教なんてとんでもない、って事になるよなぁ。
でも、排除する為にそこまでやっていいか、というと・・・
絶対やっちゃだめだよ~。

もうね、陰湿だなぁ日本人、って感じでねちっこい嫌らしい事ばっかり。
温泉の熱湯をかける(それもゆっくり長く火ぶくれになるように)とか、
海の中ではりつけにする(干満の水深を利用して力尽きるように)とか、
逆さ吊りにする(でも首筋を軽くカットして頭に血がのぼらないように)とか、
思い出すだけでこんなにすぐ出てきた(;^^)。

他にも所業を語り出したらキリがないですよ、はい。

そして「なぜ我らが苦しんでいる時にあなたは沈黙しているのか」と何度も神に問いかける・・・。答えはない。

宗教観などは簡単に決めつけられるものではないので、語りはしませんが、皆に観てもらって考えてみてほしいと思います。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー』 | Main | 『ザ・コンサルタント』 »

映画2017」カテゴリの記事

Comments

天草四郎 今までもいろんな映画ありますね。

Posted by: オサムシ | February 08, 2017 at 06:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64850640

Listed below are links to weblogs that reference 『沈黙 サイレンス』:

« 『ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー』 | Main | 『ザ・コンサルタント』 »