« 扇動者 ジェフリー・ディーヴァー | Main | あの家に暮らす四人の女 三浦しをん »

下北沢ヌックラ堂 枕木みる太

古着には、持ち主の想いがつまっている。 僕とワケあり古着たちの、いくつかの物語。
下北沢ヌックラ堂 ~ワケあり古着に囲まれて~  枕木みる太 

読了です。

古着屋の聖地、東京は下北沢。上京したての僕がべっこう飴の匂いに誘われて迷い込んだのは、路地の奥に佇む古着屋、ヌックラ堂。その店のドアには【ワケあり古着、買い取ります。】と綴られた小さな黒板が吊るされていた。

古着を愛する、猫背&マッシュボブの女店主、かの子さん。看板三毛猫のコネ。そして潔癖症だけど古着だけは大丈夫な僕は、今日もワケあり古着を持ち込むお客さんたちをお迎えする。 スニーカー、リバーシブルダウンベスト、レザートートバッグ、パーカー……。

*******************************
ラノベ、と言われるジャンルですね。
そこに「古着」「想い」が加わると・・・。

下北沢に古着屋さんがたくさんある、と言うのは聞いてはいました。
でも一応アレルギー持ちですから(;^^)、めったに行きません。
その昔、原宿で入ったことがあったのですが、くしゃみでましたっけ。

ブックオフの洋服版、ハードオフなんかだと平気なんですけど、
いかにも、なところは苦手です。

方向音痴の彼が出会った古着屋さん。クセのある女店主・・・
不思議な設定ですし、古着が持つ「ワケ」も不思議、かなぁ。
そもそも、「潔癖症なのに古着大丈夫」って彼の設定も不思議よね。
好きな人にキスする寸前に「うっ」と思ってしまうワケなんですよ。
それが誰が着たのか分からない古着は平気、ってねぇ。

友人に「手作りにぎりは食べられない」と言う人がいます。
親しくなった人ならば平気らしいんですが、会社の同僚と鍋、とか
勘弁してほしい、って。
炊き出しとか絶対手が出せないから、自力で救済措置を取らないと、
なんて冗談ぽく言ってましたね(;^^)。

とりとめない話になっちゃいましたが、まぁそれくらい中身がなんとなく・・・って事で許していただきますかね(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 扇動者 ジェフリー・ディーヴァー | Main | あの家に暮らす四人の女 三浦しをん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

たまに手作りにぎりは食べられない方いますね。

Posted by: オサムシ | February 24, 2017 at 06:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64839101

Listed below are links to weblogs that reference 下北沢ヌックラ堂 枕木みる太:

« 扇動者 ジェフリー・ディーヴァー | Main | あの家に暮らす四人の女 三浦しをん »