« あの家に暮らす四人の女 三浦しをん | Main | 自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太 »

戦場のコックたち 深緑野分

もし俺を心配してくれるなら、
外の世界でがんばってくれ。もうこんなことが起きないように。
俺達が戦場へ行かなくて済むように・・・

戦場のコックたち 深緑野分

読了です。

1944年6月、ノルマンディー上陸作戦が僕らの初陣だった。特技兵(コック)でも銃は持つが、主な武器はナイフとフライパンだ。新兵ティムは、冷静沈着なリーダーのエド、お調子者のディエゴ、調達の名人ライナスらとともに、度々戦場や基地で奇妙な事件に遭遇する。一晩で忽然と消えた600箱の粉末卵の謎、不要となったパラシュートをかき集める兵士の目的、聖夜の雪原をさまよう幽霊兵士の正体…

**************************************

戦争の話、しかもアメリカ軍の話です。
戦争に行っても食事は必要。で「特技兵(コック)」が必要。
そっか、そうだよなぁ、と単純ながら感心しちゃいました。

もちろん戦争。銃撃戦や爆撃など悲劇は起こる。
でも彼らはそれよりも謎解きが好き。
戦闘シーンと日常シーンが交互に語られます。

↑に書いてあるような謎が起きる。
それを解くのがリーダーのエドなんです。
主人公ティムは語り部の役ですね。
色々な情報を集め、検討し謎を解く。エドすっご~い!

文章では明らかにされていない部分があちこちにあり、
読んでいくと「あ、だからなのね」と納得する事も多く、
結構夢中になって読んじゃいました。

文章は非常に細々してます。翻訳本を読んでいるかのよう。
だからかな?最初はなじめなかったんですが、途中からは
どこでどう終わるのか?終わるのが寂しかったです。
で、思わず作家さんの名前をググりました。
日本の方、ですね、はい。

ドイツのユダヤ人収容所の箇所などはダメでした。
読んでいて思わず匂いがしてしまったような気分。
つくづく非道な行いをしたもんだ。

途中でまさかの降板劇があり、脱走劇があり、
最後にあの時代を振り返った彼らに残ったものは・・・
しみじみしちゃいました。良かったよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« あの家に暮らす四人の女 三浦しをん | Main | 自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

戦争はなくならないのでしょうね。

Posted by: オサムシ | February 28, 2017 at 06:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64729666

Listed below are links to weblogs that reference 戦場のコックたち 深緑野分:

« あの家に暮らす四人の女 三浦しをん | Main | 自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太 »