« 珈琲店タレーランの事件簿5 岡崎琢磨 | Main | 遊園地に行こう! 真保裕一 »

とにかくうちに帰ります 津村記久子

屋根の下に行きたい。うちに帰りたい。
給料も今のままでいいし、恋人もできなくていいから、部屋でくつろぎたいんです!部屋でくつろぐためなら、大抵のことはやります。

とにかくうちに帰ります 津村記久子

読了です。

うちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように、うちに帰りたい―。職場のおじさんに文房具を返してもらえない時。微妙な成績のフィギュアスケート選手を応援する時。そして、豪雨で交通手段を失った日、長い長い橋をわたって家に向かう時。それぞれの瞬間がはらむ悲哀と矜持、小さなぶつかり合いと結びつきを丹念に綴って、働き・悩み・歩き続ける人の共感を呼びさます六篇

**********************************
津村紀久子さんという作家さん。初作家さんです。
読書記録サイトで誰かが読んでいて、ぽや~んとしたタイトルを何となく覚えていたんですが、図書館で見かけて借りてみました。

例えば大雨。例えば降雪。例えば強風。
「自然現象には勝てない」とは良く言ったもので、一度起きてしまうと人間の少々の努力などふきとんでしまう自然現象。

通勤して早×年。どんどん通勤時間が長くなっており(会社が勝手に引っ越ししてるので;^^)、それに伴い、ちょっとした自然気象に振り回されております。
電車が遅れる&止まる事でどれだけ気分が落ち込むか。
今は乗り換え2回は必須なので、どこかで少し遅れるとあっという間に遅刻確定になりますし。

千葉は、東京や横浜と違って路線の乗り入れも少なく、「この線が死んだ。はい終わった~」ってなっちゃうのよね。朝にそうなると一日ブルーな気分になるし、帰りにそうなると「とにかくうちに帰りたい」と切実に思うんですよね。

表題の作品、すっごい共感しましたよ~。
普段使う経路が使えない、別経路を使ったがために起こる悲劇。
会社員の方はぜひ読んでみて下さい。共感するはず。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 珈琲店タレーランの事件簿5 岡崎琢磨 | Main | 遊園地に行こう! 真保裕一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

確かに通勤で何かあると本当にめげます。
今日も朝から有楽町線が・・・
家に帰りたいというより、どこかに歩いて行きたくなりますね。

Posted by: ジャランこ | February 20, 2017 at 08:26 PM

通勤時間長くなるのは大変ですね。

Posted by: オサムシ | February 20, 2017 at 06:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64711151

Listed below are links to weblogs that reference とにかくうちに帰ります 津村記久子:

« 珈琲店タレーランの事件簿5 岡崎琢磨 | Main | 遊園地に行こう! 真保裕一 »