« 『ドクター・ストレンジ』 | Main | ゲストハウス八百万にようこそ 仲野ワタリ »

『マグニフィセント・セブン』

「七人の侍」「荒野の七人」その魂を受け継ぐ・・・
『マグニフィセント・セブン』 THE MAGNIFICENT SEVEN

201701_mag7

監督 アントワン・フークア
出演 デンゼル・ワシントン 他
上映時間 133分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2017/01/27

開拓時代の小さな田舎町。そこでは冷酷な悪徳実業家バーソロミュー・ボーグが町の資源を独占しようと荒くれ者たちを従え、傍若無人の限りを尽くしていた。
ある日、ボーグに夫を殺されたエマは、サムと名乗る賞金稼ぎの銃の腕前を見込んで、町を救ってほしいと住民からかき集めたなけなしの全財産を差し出し懇願する。
最初は興味を示さなかったサムだったが、この依頼を引き受けることにし、ギャンブラーのジョシュをはじめ腕利きの男たちのリクルートを開始し、7人が揃う。
やがて彼らはボーグ率いる200人超の悪党軍団に無謀とも思える戦いを挑んでいくのだったが…。

**************************************
1954年の黒澤明監督作『七人の侍』と、同作をリメイクした1960年の『荒野の七人』を原案にした西部劇、です。
どっちも観た記憶はないんですけどね(;^^)

でも影響を受けた作品は結構観てますよ。
『スターウォーズ』や『ワイルド7』とかね・・・。

今回観て、7人が街を守るのに参加する迄の心の動きが分かりづらいなぁ、とまず感想。サム(デンゼル・ワシントン)は分かるのよ。はっきり言ってるし。
でもそれ以外の人は書かれていないので、「ここで命を捨てて良いのか?!」とつい思っちゃうんですよね。
ま、悪役が非の打ち所もない悪役だったので、「善く」と思うなら格好の舞台ではありますけど。大義名分が少なかったような気も・・・。

しかしここまで徹底的に嫌われる悪役も最近は減ったよなぁ。最近は悪役の方にも同情すべき処がある、みたいなお話多かったし。でもそれだけに彼ら全員&町の人の勝ち、で終わってほしかったなぁ。
街の人は、銃なんて持ったことも撃ったこともないから、どんどん死んでいっちゃう。準備する時間も少ない中、一生懸命なのは分かるんだけど・・・。実際、半数以上が亡くなりましたしね・・・残念です。

町もあれだけ攻撃されて、人も死んで「守り抜いた」といえるのかどうか?微妙ではありますが、それでも「正義」のために頑張った人たちがいたんだなぁ、と感慨深く思ってしまいました。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『ドクター・ストレンジ』 | Main | ゲストハウス八百万にようこそ 仲野ワタリ »

映画2017」カテゴリの記事

Comments

私も『七人の侍』と『荒野の七人』見たことないです。

Posted by: オサムシ | February 13, 2017 at 06:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64850669

Listed below are links to weblogs that reference 『マグニフィセント・セブン』:

« 『ドクター・ストレンジ』 | Main | ゲストハウス八百万にようこそ 仲野ワタリ »