« バーニング・ワイヤー ジェフリー・ディーヴァー | Main | 雪猫 大山淳子 »

ふなふな船橋 吉本ばなな

借金を作って逃げた父。新しい恋人と結婚することになった母。12歳の私は、独りぼっちだった…。

ふなふな船橋 吉本ばなな



読了です。

書店の店長をしている立石花は、15歳の時に、父親が借金を作って夜逃げし、母親は新しく出会った男性と結婚をすることになり、一家離散を体験する。
一緒に暮らそうという母親の説得を断り、千葉県の船橋に住む親戚の奈美おばさんのマンションに身を寄せることになる。
花が奈美おばさんのマンションで暮らすようになって間もなく、小さな女の子が出てくる不思議な夢を繰り返し見るようになる・・・。

*****************************
吉本ばななさん。「もしもし下北沢」と言う作品を毎日新聞で連載されていて当時は毎日新聞を購読してたから読んだんです。
その後、朝日新聞に替えちゃって、したら今作は朝日新聞で連載開始。
ただ毎日新聞の時は結構毎日読んでたんですが、今回はかなり途中抜けてしまっていたので、借りて読んでみました。

下北沢とか船橋とかって場所のチョイスがなんか好き(^o^)。
都会ほど騒がしくなくて、でも我が家ほど田舎じゃなくて、程々に静かで賑やかさがある、って良いですよね。
生活するならやはり静かに越したことはない、と思っている私なので。

今回のは「なしの妖精」ふなっしーが心の支え、という設定です。更に夢の中に出てくる不思議な少女、とファンタジーっぽいんですよね。
主人公花の境遇はかなりヘビーなんでその反動かな?
また不思議な少女に起きた出来事も哀しい。

それに比べると「下北沢」の方がしっくりココロに入ってきましたわ。

振り返ってみるとその昔は作家さんで本を選んで読んでました。
買って集めてたので、どうしてもそれ位の冊数しか買えなかった。
ところが図書館を利用し始めたら、失敗しても返せば良いや、と思うようになり、色々な作家さんの本に手をだすようになりました。

吉本ばななさんも知ってますし読んでみたいとは思ってましたが、買ってまでは、の作家さんだったんですよね。
図書館、良いですね~ありがたいです。
おかげでほぼ毎日新しい本を読めてます。ただ買った本がなかなか読めないのが困る~(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« バーニング・ワイヤー ジェフリー・ディーヴァー | Main | 雪猫 大山淳子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

船橋か~その前が下北沢なんてくみあわせが面白いです。
ふなっしー見なくなりましたね。

Posted by: ジャランこ | January 20, 2017 at 11:16 PM

吉本ばななさん の作品 実は
じっくり読んだことありません。

Posted by: オサムシ | January 20, 2017 at 06:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64697735

Listed below are links to weblogs that reference ふなふな船橋 吉本ばなな:

« バーニング・ワイヤー ジェフリー・ディーヴァー | Main | 雪猫 大山淳子 »