« 神様の御用人6 浅葉なつ | Main | St.ルーピーズ 長沢樹 »

たてもの怪談 加門七海

東京の官公庁は、皇居の周りに集まっている。江戸という都市は、城を中心に左回りの渦巻きを描いて発展していった。
現代でも、渦の基点である皇居付近に政治機能が集まっている。ところが1991年、首都機能の中枢が皇居付近から逸脱した・・・。

たてもの怪談 加門七海

読了です。

「建物」にまつわる怪の話を集めた、加門七海待望の怪談実話集。 幻の連載『引越物語』に加えて、本書のために新たに4編を書き下ろし。 自らの引っ越しにまつわる不思議な出来事や、自宅での恐怖体験、 訪れた文化財で出会った“この世ならざるモノ"、東京の最新風水事情考察など、 妖しくも興味深い実話怪談が満載!

***************************************************

昨日の「神様の御用人」にも出てきた平将門塚、
それ以外にも東京には数々の不思議な場所があったんですね。
元々江戸自体が、「風水」を基礎とした要塞な訳ですが、昨今の再開発でかなり危ない状況になっている、というのは有名な話。
高層ビルのせいで、東京湾からの風(気)の通り道が塞がれたり、水(川)を地面の下に入れちゃったり。
大きなことが起きなければ良いのですがね。

新宿の東京都庁。あそこなんか嫌いだったのよね(;^^)。
「バカとなんとかは高い処が好き」ってあるだけに高い所は結構好きなんですが、あそこの展望台には行きたい、と思ったことがない。
新宿自体があまり好きじゃないのもあるんですが・・・(道に迷う、から??)

でもあそこをこの本で色々書いていて「う~ん、私にも何か勘があるのか?」とつい考えちゃいましたよ。
都内で、なんとなく暗く感じる場所、って何かあるのかも。

東京都内の風水事情など、かなり詳しく書かれています。
彼女の事は「猫怪々」で知りました。霊感のある作家さんだけに書いている事がめちゃリアルで結構ビビる(;^^)。
「猫怪々」で引っ越しのくだりは読んだことがありますが、私も部屋探すならこういうめぐり合わせがあると良いなぁ、とつい思っちゃいます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神様の御用人6 浅葉なつ | Main | St.ルーピーズ 長沢樹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

都庁の展望台はガイジンさんの観光客がよく来ていますが、どこから入るのかわかりにくいようです。展望台に来てほしいのか、そうでないのか考えて作ってほしいです。

Posted by: セイレーン | January 12, 2017 at 07:50 AM

いろいろ都市伝説があるのに平将門塚のまわり
あんなに工事しちゃって大丈夫?って思ってしまいました。

Posted by: ジャランこ | January 11, 2017 at 10:54 PM

怪談はどちらかというと苦手です。

Posted by: オサムシ | January 11, 2017 at 06:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64525650

Listed below are links to weblogs that reference たてもの怪談 加門七海:

« 神様の御用人6 浅葉なつ | Main | St.ルーピーズ 長沢樹 »