« 栗色のスカーフ 杉原爽香43歳の秋 赤川次郎 | Main | 望郷 湊かなえ »

身代わり島 石持浅海

閉鎖的空間「島」で起きる事件・・・。

身代わり島 石持浅海


読了です。

鳥羽湾に浮かぶ本郷島が舞台となった大ヒットアニメーション映画 「鹿子の夏」のイベントを開催させるべく、島を訪れた5人。 イベントに賛成している島民たちと話し合いを進めている矢先、 メンバーの一人が他殺体となって発見される……。

**************************************
「聖地巡礼」という言葉を聞くようになったのは昨年位?
どうもそういう情報に弱いんですよね(;^^)。
確かにドラマとか映画とかのロケ地は回ってみたい、と思ったものですが、
アニメの場合は、そもそも見てないんですよね。

この秋クールで「3月のライオン」「亜人」「文豪ストレイドッグス」を見てはいますが、
やはり本読みの方が好きだなぁ、と思っている今日このごろです。
ただ「3月のライオン」、あそこらへんが舞台かぁ、と分かっちゃってからちょっと親しみがわいてます。

さてこちらアニメの舞台になった島です。アニメに魅せられた都内在住の5人の男女が「この島でイベントを」を目標にやってきます。
ところが・・・と言うのが発端なんですね。

それほど細かくその道を書いてませんので(;^^)、普通に読んで楽しめます。
閉鎖的空間で誰が犯人なのか?最後に「へぇ」とは思いましたが、そこまでに行く過程が結構進んでいるのかいないのか?微妙にストレスを感じながら読んでましたけど。

特に同じ宿に宿泊していた、座間味くんもどきの彼。
3年以上前に紹介した作品の登場人物ですが、記憶に残っているキャラの一人。
のんびりしたような、人としての常識がしっかりしているような、誰とでもそこそこに仲良くなれるようなキャラで好きなんですよね。

色々な作家さんが「島」を舞台に作品を書いているものですね。
こうなったら一通り「島」舞台作品を読んでみたいものです。
(図書館でそういうジャンル分けしてたら良いかな)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 栗色のスカーフ 杉原爽香43歳の秋 赤川次郎 | Main | 望郷 湊かなえ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ロケ地巡礼ですか・・・
私は逃げ恥のロケ地になった、修善寺の温泉旅館に行きたいです(^_^;)

個人ごとですが・・・
ずっとアメブロを使ってブログを書いてきましたが、
このたび不正ログインにより個人情報が漏れたかも、
ということでサービスから退会いたしました。
クレカ情報も登録していたので((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル です・・・


これから、旅行記は4トラベルの方にアップしようかと思っています。
細々と生きてはおりますので、
また千葉方面を訪ねる機会がありましたら、
一緒に遊んでやってください!

Posted by: butaneko | December 01, 2016 at 08:21 PM

たしかに映画やアニメなど見てると
聖地巡礼までいいませんが、ロケ地
には行ってみたい気はします。

Posted by: オサムシ | December 01, 2016 at 06:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64525727

Listed below are links to weblogs that reference 身代わり島 石持浅海:

« 栗色のスカーフ 杉原爽香43歳の秋 赤川次郎 | Main | 望郷 湊かなえ »