« 万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの<叫び> 松岡 圭祐 | Main | 『ミュージアム』 »

『デスノート Light Up The New World』

気づいたらまた映画紹介忘れてた・・・。
『DEATH NOTE Light up the new world』
201610_lightupthenewworld201610_4

メディア 映画
上映時間 135分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2016/10/29
ジャンル サスペンス/ホラー
映倫 G

キラとLという2人の天才の対決から10年。警視庁には、夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>が今も存続していた。すでに亡くなった総一郎に代わり、キラ事件に精通する“デスノートオタク”の三島が特別チームを率いてノートの謎を追い続けていた。やがて本部にLの後継者である世界的名探偵・竜崎が加わり、地上に6冊のデスノートがバラまかれたことが判明する・・・。

******************************
あれから10年経つんですね~(;^^)。
前作(藤原竜也と松山ケンイチ)は面白かった。
漫画は途中までは読んでたから話は分かっていたけど、
Lのビジュアルがそっくりすぎて、松山くん、うまいなぁ~、って思ってました。

つい先日、TVでやってましたっけね。見てないけど。
どうもあのイメージを壊されたくない気分が強かった。
でも、映画。yahooの評価がかなり低くて(;^^)、更にネットで「演技下手」評価がすごかったので、怖いもの見たさ、で行っちゃいました。

うん、すごかった・・・(;^^)。
もう何でもあり、になっちゃってるのね。
1冊のデスノートであれだけ混乱したのに、それが6冊も??
しかもそれが日本へ集まってきちゃう?う~ん、金にものを言わせて、って処なんでしょうが、ちょっと甘い、かな?

更に前作の「夜神月(やがみ らいと)」のあの頭脳はさすがないのね。
途中から力技的強引さ、で物語が進んでいった・・・(;^^)。
最後の最後のまとめ方も「おい、ちょっと待て。それはどうなの?」と聞きたくてしょうがなくなり・・・。

結論:途中からあまりのバカバカしさに笑ってました。ある意味、楽しめましたね~。
映画館で見る程のものではないですが、まぁ笑えますので良し、としましょう。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの<叫び> 松岡 圭祐 | Main | 『ミュージアム』 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

こちらも優待で見ました。もう10年もたつのですね。
前作は漫画やTVでの映画放映を見ていたのですが、
まあ、デスノートを見た人はとりあえず、
どんな感じなのか見たくなりますね。

Posted by: オサムシ | December 19, 2016 at 06:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64642917

Listed below are links to weblogs that reference 『デスノート Light Up The New World』:

« 万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの<叫び> 松岡 圭祐 | Main | 『ミュージアム』 »