« しぶとく「生き残る脳」、やたらと「粋がる脳」  中島英雄 | Main | 栗色のスカーフ 杉原爽香43歳の秋 赤川次郎 »

製造迷夢 若竹 七海

触るだけで想いが読み取れる・・・

製造迷夢 若竹 七海
 
読了です。

渋谷警察に薬でラリっていた12歳の少女・野中亜実が保護されたが、同じ頃、署に逮捕されてきた万引き主婦のふくらはぎにに噛みついた!?
「前世でその主婦に殺されたから、転生した自分が復讐したのだ」と主張する亜美。
渋谷猿楽町署の刑事・一条風太と、モノに残った人の残留思念を読むことのできる”心の探偵・井伏美潮”の活躍を描く連作長篇。

****************************************
警察が霊能力者の協力を乞う、と言うシチュエーションはアメリカの映画やドラマで見るんですが、日本ではなかなか難しいようで。その分小説の世界では結構お見かけします(^o^)。
そもそも警察とかそういう能力を信じてない人が多いような気がする。

独身刑事と特殊能力をもつ27歳の女性が事件を解決して行くお話です。
途中から「あぁ、この展開は」と2人の関係が想像付き始めたんですが、
今作は初版2000年ですから十数年前の作品ですが、楽しめるのはこういう設定だからですよね。

若竹七海さんの昔の作品をほじくり出して読んでます。
つい先日も「アメトーク 読書家芸人」篇で、まさか、の「静かな炎天」がカズレーダー氏によって紹介されておりました。
見た瞬間「うぉ~」とつい喜んじゃいました。
な、もんでこれからもちょこちょこ読んでいこうと思ってます。

ちなみにこちらはシリーズになってないので、次が読めないのは残念です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« しぶとく「生き残る脳」、やたらと「粋がる脳」  中島英雄 | Main | 栗色のスカーフ 杉原爽香43歳の秋 赤川次郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

行方不明になった人を特殊能力で捜すとかテレビ番組でやっていましたが、本当にできるならどんどんやってほしいですね。

Posted by: セイレーン | December 12, 2016 at 08:52 PM

霊能力とか気とか目に見えないものは信じにくいですよね・・・。
あるかもしれないけれど・・・。

Posted by: mahalobunny | December 01, 2016 at 03:15 AM

アメトーク 見てました。

Posted by: オサムシ | November 29, 2016 at 07:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64534333

Listed below are links to weblogs that reference 製造迷夢 若竹 七海:

« しぶとく「生き残る脳」、やたらと「粋がる脳」  中島英雄 | Main | 栗色のスカーフ 杉原爽香43歳の秋 赤川次郎 »