« <よろず占い処陰陽師シリーズ8〉<神様の御用人シリーズ5〉<真夜中のパン屋さんシリーズ4&5〉<思い出の時修理します4〉 | Main | <東京バンドワゴン11><アナザーフェイス7 愚者の連鎖><モップの精は旅に出る><心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔> »

<最後の晩ごはん6><明日町こんぺいとう商店街3><書店ガール5〉<任侠書房>

シリーズ物その2、です。
ライトノベル系は軽く読めるんですが、すぐ次が出てくるので、結構紹介しないで放置してたものありますね~。

<最後の晩ごはん6>

前回、5巻まで紹介しており、こちらから新章スタート!と紹介されています。
芸能界を追い出された海里と訳あり店長の交流を描くシリーズです。
海里の兄弟やそのお嫁さん、店長の師匠や店に来る常連さんなどわさわさと人が出てきますが、極めつけが「ロイド」。ロイド眼鏡の幽霊(守護霊?)が出た日には・・・ねぇ(;^^)。

<明日町こんぺいとう商店街3>

第2巻の紹介後、しばらく経ちましたけど、3巻が出たことを知り借りてみました。
商店街の中にある色々なお店を軸に住人について書いています。
商店街の入口にあるうさぎさんの像にお願いすると恋が叶う、と言われてますが、
たまに混乱しちゃったうさぎさん、違う人の縁結びをしちゃうそうですよ。

<書店ガール5〉

こちらは4巻まで紹介してましたね。
「う~ん、何かなぁ」と思いながらも読み進めていましたが、世代交代ではないですが、徐々に他の女性を主役にした話になっております。
こういうシリーズも珍しいよね。
普通シリーズっていうと同じ人が主役張るんだけど。
まだ続くようなので、ぼちぼち、と読んでいこうと思ってます。

<任侠書房>


遡ってようやく読めたシリーズ1作目。2作目が「学園」で3作目が「病院」でした。ヤクザがひょんな事からカタギの仕事にしゃしゃり出て、経営を立て直す、と言う物。
行き詰った時には外部からの風が必要、と言いますが、それを地で行ってますね。

文章が簡易で、ページ数も少なめ。軽く読めるので気分転換に良いんですよね。
現実を一瞬忘れ、ストレス解消になっている気がしてます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« <よろず占い処陰陽師シリーズ8〉<神様の御用人シリーズ5〉<真夜中のパン屋さんシリーズ4&5〉<思い出の時修理します4〉 | Main | <東京バンドワゴン11><アナザーフェイス7 愚者の連鎖><モップの精は旅に出る><心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

書店ガール 主人公が変わって 時々前巻の主人公が登場すると、その人のキャラを忘れていることがあります(^^;

Posted by: セイレーン | November 11, 2016 at 07:57 AM

軽く読めるのはいいですね。

Posted by: オサムシ | November 08, 2016 at 06:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64454352

Listed below are links to weblogs that reference <最後の晩ごはん6><明日町こんぺいとう商店街3><書店ガール5〉<任侠書房>:

« <よろず占い処陰陽師シリーズ8〉<神様の御用人シリーズ5〉<真夜中のパン屋さんシリーズ4&5〉<思い出の時修理します4〉 | Main | <東京バンドワゴン11><アナザーフェイス7 愚者の連鎖><モップの精は旅に出る><心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔> »