« <東京バンドワゴン11><アナザーフェイス7 愚者の連鎖><モップの精は旅に出る><心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔> | Main | <なりたい> <クリーピースクリーチ><古道具屋皆塵堂6&7><火村英生シリーズ> 「ダリの繭」「ロシア紅茶の謎」「双頭の悪魔」 »

<教場2> <アンと青春><晴れの日には~藍千堂菓子噺~><幹事のアッコちゃん>

はい、まだまだ続きますよ~。
いい加減にしろよ?って?(;^^)。
でもまぁ最近訪問者も減ってますので、良いかな? (あ、訪問頂いている皆様、すみませぬ・・・)

<教場2>

2年前に「1」を紹介しました。警察学校を舞台に「風間教場(クラス)」の生徒がいかに退校に追い込まれるか、を描いています(こう書くと趣味悪いね;^^)。
これを読むと「警察官の適正」について考えさせられます。
どんな生徒なら風間先生はOKを出すんだろうか?自分なら?って考えちゃいます。

<アンと青春>

こちらは3年前に1巻を紹介。今回2巻目なので、「シリーズ」ではないかな。
デパート地下の和菓子屋さんでバイトするアンちゃん。
良い上司・同僚に恵まれて、本人のやる気もあいまって、絶好調!と言いたいのですが、そうはいかないお客様が本日もご来店。
お仕事小説としても、和菓子小説としても読み応えあります。
京都のお店、行ってみたいなぁ。

<晴れの日には~藍千堂菓子噺~>

こちらも2年半前に紹介した作品の2巻目。
時代小説です。江戸時代の和菓子屋さんを舞台に職人の技と心意気を描く作品。
この作者「田牧」さん、結構好きです。
今作で主人公、清太郎の恋物語も描かれます。ほんと良い人です。
こういう人、どこかに転がってないかしらん?

<幹事のアッコちゃん>


ランチのアッコちゃん」「3時のアッコちゃん」と紹介している第3弾。
表題は「幹事」ですが、「アンチ」「ケイコ「祭り」と短編集になってます。
悩める人に手を差し伸べる、でも決して自分では教えない。
相手が学ぶ意志がないと難しいな、ってつくづく思う。
が、う~ん、アッコちゃんはどこに行くんだろう??
ってか最終巻と言われても「うんうん」って思う終わり方でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« <東京バンドワゴン11><アナザーフェイス7 愚者の連鎖><モップの精は旅に出る><心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔> | Main | <なりたい> <クリーピースクリーチ><古道具屋皆塵堂6&7><火村英生シリーズ> 「ダリの繭」「ロシア紅茶の謎」「双頭の悪魔」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

シリーズものは読みたくなりますよね。

Posted by: mahalobunny | November 10, 2016 at 12:05 PM

まだまだあるんですね。

Posted by: オサムシ | November 10, 2016 at 06:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64458824

Listed below are links to weblogs that reference <教場2> <アンと青春><晴れの日には~藍千堂菓子噺~><幹事のアッコちゃん>:

« <東京バンドワゴン11><アナザーフェイス7 愚者の連鎖><モップの精は旅に出る><心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔> | Main | <なりたい> <クリーピースクリーチ><古道具屋皆塵堂6&7><火村英生シリーズ> 「ダリの繭」「ロシア紅茶の謎」「双頭の悪魔」 »