« 『ブリジット・ジョーンズ』 | Main | スリーピング・ドール ジェフリー・ディーバー »

『インフェルノ』

人類の50%死ぬか、100年で滅ぶか

『インフェルノ』
201610_2

上映時間 121分   製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2016/10/28
監督: ロン・ハワード
出演: トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)
フェリシティ・ジョーンズ(シエナ・ブルックス)

ラングドン教授が目覚めたのは、なぜかフィレンツェにある病院の一室だった。過去2日間の記憶がない彼は、謎の刺客に命を狙われるも、女医シエナの手を借り、どうにか病院から脱出する。

何も思い出せない彼のポケットには1本のペンライトが。そして映し出されたのは、ダンテの神曲“地獄篇”を模した『地獄の見取り図』・・・。

****************************************
原作はもう読んでないです。途中で飽きた(;^^)。
難しすぎるんだもん~。ただでさえ翻訳本は長くなるのに。

今回冒頭はなんか「ボーン・シリーズ」みたいな始まり方。
でも出て来るのはトム・ハンクス(;^^)。
太ってる訳じゃないけど、敏捷ではないからね・・・。
しかも頭もうろうとした彼の逃亡はドキドキです。

ダンテの神曲、存在を聞いたことはあるけれど、見たこともなし。
でもあの「地獄の見取り図」は怖かった~。
日本の地獄絵図もなかなかですが、海外のものって馴染みがないせいか神秘的に見えます。

映画の場合、謎解きを分かりやすくしてしまうので、簡単に感じちゃうんですよね。小説だとおそらく「地獄の見取り図」の読解だけで10数ページとかいっちゃうんじゃないかな??

「信念」とは怖いものです。自分が正しい、他が間違っている、と簡単に区別できてしまうから。相手の言い分は聞かない。説得しようにも聞く耳を持たない訳ですからね。
信念を持つことが悪いとは言ってないです。
でも相容れない相手との妥協点を見いだせない、ってのは良くないと思います。

今回もそんな「曲がった信念」を持つ人達が出てきます。
別に良いんだけどね、自分たちだけであ~だこ~だやってるなら。
でも必ず「世界を救う」とか「未来のために」とかって大義名分で一騒動を起こしちゃうんですよね。

ウィルスの威力が分からないから、そこはちょっとですけどね。
お気に入りの映画「ROCK」

では、最初に苦しんで死ぬ人のシーンがあるんですよ。
それだけに化学兵器のVXガスの怖さが分かるんですよね。
でも今作では、そういうシーンはダンテの地獄の見取り図のイメージ映像だったので、う~ん、と。

まぁ、難しく考えずに楽しめますので、映画館へどうぞ。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『ブリジット・ジョーンズ』 | Main | スリーピング・ドール ジェフリー・ディーバー »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

ご無沙汰しています。

最近映画館では映画見ることなく、大画面で見たいなぁ~と思います。

一番最近に見たのは「ペット」だわ。

Posted by: nanamama | November 19, 2016 at 12:10 AM

こちらのシリーズが映画館では見てないのですが、
TVでは見たはずなんですが、いまいち覚えてないです。

Posted by: オサムシ | November 18, 2016 at 06:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64484241

Listed below are links to weblogs that reference 『インフェルノ』:

« 『ブリジット・ジョーンズ』 | Main | スリーピング・ドール ジェフリー・ディーバー »